ライフ

古寺の至宝をめぐる 悠久の時を超え聖徳太子の教えを伝える法隆寺

寺宝をめぐる旅に(イメージ)

寺宝をめぐる旅に(イメージ)

 寺宝をめぐる旅へと誘うウイークリーブック『隔週刊 古寺行こう』(小学館)が3月8日に創刊される(1号・法隆寺、2号・東寺。同時創刊)。毎号、名刹を取り上げて仏像、伽藍、行事などをわかりやすく解説し、長さ80センチの大画面で貴重な「寺宝」をクローズアップ。ここでは同誌1号のテーマである、奈良の法隆寺について紹介する。

 奈良・斑鳩の空にのびる五重塔がシンボル的な法隆寺は1400年以上前、仏教による国造りを目指した聖徳太子によって創建された。世界最古の木造建築群を誇り、国宝・重要文化財の建造物は55棟に上る。平成5(1993)年、日本で初めてユネスコの世界遺産に登録された。

 法隆寺は玄関にあたる南大門の北に位置する西院伽藍と、500メートルほど東に離れた夢殿を中心とした東院伽藍からなる。

『日本書紀』によると、聖徳太子は推古天皇9(601)年、現在の東院伽藍の地に斑鳩宮の造営に着手。4年後の推古天皇13年に当時の都・飛鳥から移り住み、推古天皇15年に法隆寺を建立した。その寺は六十数年を経て焼失したが、その後、金堂、五重塔、中門、廻廊からなる伽藍が建立されたと考えられている。これら飛鳥時代の建築物は今の西院伽藍に位置し、現存する木造建築としては世界最古。いずれも国宝である。十数世紀にわたり戦乱や天災の世を生き抜き、1300年余り前に建てられた木造建築物が現在も立ち続けているのは奇跡と言ってよいだろう。

 さらに法隆寺には、国宝・重文の仏像が約300体あり、まさに仏教美術の宝庫。なかでも、西院伽藍で最初に建てられた金堂の須弥壇に計13体の仏像が並ぶ光景は圧巻だ。「中の間」の本尊・釈迦三尊像、「東の間」の本尊・薬師如来像、須弥壇の四隅に置かれた四天王像は、仏教の黎明期にあたる飛鳥時代に造られた。

 この四天王像は日本最古の四天王であり、穏やかな眼差しと姿は、後世の眼光鋭く威嚇的な四天王像とは異なるのが興味深い。また、聖徳太子等身の像とされる釈迦三尊像の光背裏面には仏像建立の経緯を示す銘文、薬師如来像の光背裏面には法隆寺創建の由来を記す銘文が刻まれている。

 聖徳太子自身は法隆寺建立から15年後、病に倒れて49歳の若さで薨去した。その後、太子一族は滅び、斑鳩宮があった場所は荒廃の一途を辿った。それに心を痛めた高僧・行信は、奈良時代の天平11(739)年、太子供養の伽藍の建立を阿倍内親王(後の孝謙天皇)に奏上し、宮跡に夢殿を中心とする東院伽藍を建立した。太子信仰の聖地となった夢殿に本尊として安置されている国宝の救世観音は飛鳥時代の作。聖徳太子の等身の像と伝えられるが、いつ誰によって造られたかを明確に示す資料はない。

 法隆寺にはこうした謎は多いが、数多の寺宝とともに、聖徳太子の教えは悠久の時を超えて今も受け継がれている。


■小学館ウイークリーブック『隔週刊 古寺行こう』(隔週火曜発売)
1号(法隆寺)・2号(東寺)同時創刊(3月8日)、特別価格490円(税込み)
※3号(3月29日発売)以降は各770円

■全巻予約申し込みはお近くの書店または下記へ。
【お問い合わせ】小学館パブリッシングサービスCSC営業部
電話:0120-494-656 FAX:0120-464-290
月~金/9時半~17時半 土日祝日休業

※週刊ポスト2022年3月18・25日号

関連記事

トピックス

阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
有吉弘行は上島さんと交流があった
「上島竜兵さんの死を笑いに変えたい」に見える芸人たちのもがきと苦しみ
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
現在アクセスしにくい阿武町公式サイトのインフォメーションページには広報誌「あぶ」のPDFを画像データ化したものが掲出されている
4630万円返還拒否24歳男性の実名公表 地元住民「移住者増えて活気が出たと思ったら」
NEWSポストセブン