ライフ

開発者が語るがん「光免疫療法」 治療の簡便さと費用の安さが画期的

「光免疫療法」を開発した小林久隆博士

「光免疫療法」を開発した小林久隆博士(時事通信フォト)

 今はまだすべてのがんに適応しているわけではないが、5年後には……そんな期待を抱かせる革新的な治療法の研究が進んでいる──。がん治療法は長年にわたって手術、抗がん剤、放射線の「3大療法」が標準とされてきたが、新たな治療法の登場により、これまで3大療法では命が救えなかった症例に光が差している。

 2020年9月、ビッグニュースとなったのが世界初となる「光免疫療法」の日本での承認だ。毎日新聞医療プレミア編集長で『がん治療の現在』の著書がある永山悦子氏が、説明する。

「光免疫療法は、がん細胞にだけ結びつく抗体薬を患者に投与し、その後、光を当てて薬に化学変化を起こさせ、がん細胞をピンポイントで壊す画期的な治療法です。免疫療法に次ぐ、“第5のがん治療法”と呼ぶ人もいます」

 楽天グループ創業者・三木谷浩史氏が設立した「楽天メディカル」と、米国立衛生研究所・国立がん研究所(NIH/NCI)主任研究員の小林久隆博士が開発したその薬はアキャルックスと名付けられた。現在の適応は顔や首にできる頭頸部がんだが、全国約40の病院で治療が可能となり、昨年末までに約40回の治療が実施されたという。『親子で考える「がん」予習ノート』の著者で国際医療福祉大学病院教授の一石英一郎医師は、こう話す。

「この薬は効果が高く副作用が少ない上に、治療の『簡便さ』と、費用が『安価』で済むところが画期的です。地域や施設でバラつきがある日本のがん治療を『どこでも、どんな医師でも効果が望める』ものに変える可能性があります」

 放射線治療や重粒子線治療、中性子捕捉療法(BNCT)もがん細胞に狙いを定め光化学的に行なう治療法だが、用いる機器が数億~数百億円と高価で、実施できる施設は限られる。一方、小林博士の「光免疫療法」に用いるレーザー光発生装置は、1台約300万円程度と桁違いに安い。

 この「光免疫療法」を開発した米国の小林博士に話を聞くことができた。

 実用化され1年余りが経ち、医師や患者からの反響を聞くと「テレビ番組を観た印象では、概ねポジティブに考えていただいているよう」と控えめだが、光免疫療法には大きな自信を覗かせた。

「これまでのがん治療ではなかなか実現できなかった『がん細胞だけを選べる薬』を、『光を当てないと薬が機能せず、がん細胞を壊す方向に動かない』形で作りました。

 皆さんご存じの新型コロナ治療薬はウイルスにくっつく抗体で効きますが、今回は『がんにくっつくが正常な細胞にはつかない抗体』を使い、それに『IR700』というがん細胞を壊す仕組みを持つ物質を載せました。

『IRIS700』は細胞にくっついただけでは働かず、時間が経てば水に溶けて尿として排出されるような種類の物質です。がん細胞にくっついたと思われる辺りで、テレビのリモコンにも使われる人体に無害な『近赤外光』を当てると、5~6分でがん細胞は物理的にパンッと破裂し、壊れます」

関連キーワード

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン