芸能

志尊淳と多部未華子、竹内涼真と中条あやみなど“きょうだいCM”が多いワケ

わたナギは大ヒット

多部未華子は志尊淳、見上愛ときょうだい役

 最近、「きょうだい設定」のCMが増えている。きょうだい役となった芸能人がさまざまな掛け合いを見せているのだ。こうしたCMが増えているのはなぜ? コラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 以前、このコラムで「兄ちゃんが出てくるCMが人気」と書いたが、今年も「きょうだい設定CM」は多い。

 新登場したのが、花王キュキュット「キュキュット難しく考えない」篇の多部未華子・志尊淳・見上愛の三きょうだい。

 台所で洗い物をする志尊がフライパンを洗っていたスポンジをそのままコップ洗いに使うのを見た姉は「先にコップ、次にお皿、ギトギトのフランパンは最後」と注意するのだが、志尊は「姉ちゃん、難しく考えない!」とニコニコ。妹も「考えずに洗うのだ~~」と言い出し、弟は、姉に洗剤の泡がギトギトも包み込むので、コップを後に洗っても平気なのだと説明する。スッキリ、さっぱり、爽やか三兄弟といったところだ。

 以前から続くきょうだいたちも頑張っている。

「コミックシーモア」の竹内涼真と中条あやみは、「マンガ愛、溢れてます。銭湯」篇で銭湯にも登場。湯上がりの妹がマッサージ機でもみもみされつつ少年マンガも読んでいることを知った兄はうれし気だ。

 いろんなジャンルを冒険した者に「名作との出会いあれ」と言うマンガ顔妹に「名言な」と牛乳を掲げて応えるマンガ顔兄。同じ「マンガ愛 溢れてます」には、ベランダ篇もあり、この兄妹は、いろんな場所でマンガ愛を語り合っているのである。

 また、小栗旬の味の素ほんだし「うちの満菜みそ汁」篇も元気に放送中。いきなりやってきた次男(神木隆之介)と妹(杉咲花)が、二人揃って「ごはん、まだ?」と言い出す。「うちは食堂じゃないって」と呆れ顔の兄だが、野菜も肉もいっぱいのみそ汁で満腹となる。

 そして、いつも大騒ぎの「ジャンボ宝くじ」CMといえば、 “ジャンボ兄ちゃん”こと長男サトシ(妻夫木聡)、長女リホ(吉岡里帆)、次男リョウ(成田凌)、三男ユウマ(矢本悠馬)、次女ミオ(今田美桜)の五人兄弟。「ジャンボ兄ちゃん モテちゃった」篇では、今年もバレンタインにチョコをもらえなかったとリョウとユウマに泣きつかれたサトシが、「俺たちにはバレンタインジャンボがあるじゃないか」と励ますと、ポケットからチョコがポロリ。「今年、モテちゃった」とデレデレするサトシは弟たちから「裏切りもの~!!」と言われる。妻夫木、今回も三枚目顔、全開だ。

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト