芸能

NHK和久田麻由子アナの後継者候補に「三雲孝江アナの愛娘」が急浮上

母の三雲孝江さんゆずりの安定したアナウンス力が魅力の星麻琴アナ(写真はNHKHPより)

母の三雲孝江さんゆずりの安定したアナウンス力が魅力の星麻琴アナ(写真はNHKのHPより)

 フジテレビの久代萌美元アナ(32)やテレビ朝日の富川悠太アナ(45)など民放各局ではアナウンサーの「フリー転身」「退社」が次々と発表されている。そんななか、NHKでは4月に控える大規模な番組改編で同局の看板アナ・和久田麻由子アナ(33)が『ニュースウオッチ9』を降板することが明らかに。4月以降は「レギュラー番組がゼロ」になると話題になったが、そんな和久田アナの後継者候補として、関係者から新たな“有力候補”の名前が挙がった。

 それが、『ニュースウオッチ9』でキャスターの和久田アナをリポーターとしてサポートしていた星麻琴アナ(30)だ。

「声が高すぎず落ち着いたアナウンス力に定評がありますし、和久田アナが休みの時はキャスターの仕事もそつなくこなしていた。彼女は“二世アナ”ですがそんなことはおくびにも出さず、謙虚な性格でスタッフのウケもいい」(NHK関係者)

 たしかに和久田アナに最も近い位置で仕事をともにしてきた星アナは有力な“後継者候補”と言えそうだが、4月からは同番組を離れて『日曜討論』のMCを務めることが決まっている。『ニュース7』MCに抜擢された林田理沙アナ(32)など帯番組のMCに目が行きがちだが、星アナはこのNHK関係者も言うように「二世アナ」として局内外で注目を集めているのだという。

 女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が語る。

「苗字が違うのであまり知られていませんが、彼女のお母さんは元TBSアナウンサーの三雲孝江さん(67)なんです。入社後は和久田アナの初任地でもある岡山放送局に赴任され、その後、札幌放送局→東京アナウンス室と異動しています。『おはよう岡山』や『おはよう北海道』などの情報番組をはじめ、ニュースや旅番組などを担当していました。全国デビューも早く、入社2年目に代理リポーターとして『あさイチ』に出演しています。

 岡山放送局時代には『ニュースウオッチ9』の代理フィールドリポーター、札幌放送局時代には『ニュースチェック11』の代理スポーツキャスターなど地方局にいながら東京制作の番組の代理ポジションを任されています。代理の役を任されるのは、スタッフや上司からある程度の実力を認められているからで、将来的に大きな報道番組に抜擢したいという局の期待があるのでは、と感じますね」

 人材豊富なNHKで「次世代エース」になるのは、どのアナウンサーか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン