芸能

NHK和久田麻由子アナの後継者候補に「三雲孝江アナの愛娘」が急浮上

母の三雲孝江さんゆずりの安定したアナウンス力が魅力の星麻琴アナ(写真はNHKHPより)

母の三雲孝江さんゆずりの安定したアナウンス力が魅力の星麻琴アナ(写真はNHKのHPより)

 フジテレビの久代萌美元アナ(32)やテレビ朝日の富川悠太アナ(45)など民放各局ではアナウンサーの「フリー転身」「退社」が次々と発表されている。そんななか、NHKでは4月に控える大規模な番組改編で同局の看板アナ・和久田麻由子アナ(33)が『ニュースウオッチ9』を降板することが明らかに。4月以降は「レギュラー番組がゼロ」になると話題になったが、そんな和久田アナの後継者候補として、関係者から新たな“有力候補”の名前が挙がった。

 それが、『ニュースウオッチ9』でキャスターの和久田アナをリポーターとしてサポートしていた星麻琴アナ(30)だ。

「声が高すぎず落ち着いたアナウンス力に定評がありますし、和久田アナが休みの時はキャスターの仕事もそつなくこなしていた。彼女は“二世アナ”ですがそんなことはおくびにも出さず、謙虚な性格でスタッフのウケもいい」(NHK関係者)

 たしかに和久田アナに最も近い位置で仕事をともにしてきた星アナは有力な“後継者候補”と言えそうだが、4月からは同番組を離れて『日曜討論』のMCを務めることが決まっている。『ニュース7』MCに抜擢された林田理沙アナ(32)など帯番組のMCに目が行きがちだが、星アナはこのNHK関係者も言うように「二世アナ」として局内外で注目を集めているのだという。

 女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が語る。

「苗字が違うのであまり知られていませんが、彼女のお母さんは元TBSアナウンサーの三雲孝江さん(67)なんです。入社後は和久田アナの初任地でもある岡山放送局に赴任され、その後、札幌放送局→東京アナウンス室と異動しています。『おはよう岡山』や『おはよう北海道』などの情報番組をはじめ、ニュースや旅番組などを担当していました。全国デビューも早く、入社2年目に代理リポーターとして『あさイチ』に出演しています。

 岡山放送局時代には『ニュースウオッチ9』の代理フィールドリポーター、札幌放送局時代には『ニュースチェック11』の代理スポーツキャスターなど地方局にいながら東京制作の番組の代理ポジションを任されています。代理の役を任されるのは、スタッフや上司からある程度の実力を認められているからで、将来的に大きな報道番組に抜擢したいという局の期待があるのでは、と感じますね」

 人材豊富なNHKで「次世代エース」になるのは、どのアナウンサーか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン