芸能

『365日の献立日記』鈴木保奈美の声は水を得た魚のようにいきいきと躍る

鈴木保奈美

活躍の場を広げる鈴木保奈美

 定型にはまらない番組の面白さに気づいた時の高揚感は格別だ。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

 * * *
 殺伐とした世の中で「心底ほっとできる」と静かな話題を呼び、じわりとファンを増やし、放送後には「今日流れていた音楽は何でしょう?」とネット上で曲目の質問が交わされる。人気を反映するようにDVDも先月発売されたばかり。それがたったの「5分間」のミニ番組についてだとすれば……どんな番組内容を想像されるでしょうか?

 トントンとまな板の上で野菜を切る。ジュッとフライパンで焼く音、しゅわっと油で揚げる音。白く立ち上る湯気、匂い立つような色と質感。感覚を揺さぶるシズル感に溢れている。一見すると料理番組。しかし従来の料理番組とは、どこか何かが違う。

 まず、料理をする人の姿がないのです。手元の動きのみが映し出され、作り方の詳しい説明や調味料の分量表示もありません。「ほっほっほ」「よいしょっ」「むっむむ」「ギューッ」「ふわっふわ」。

 ナレーションもひと味違っていて、レシピの説明ではない。うるさくない程度に擬態語、擬声語、驚きや感情表現が多彩。「今日はこれやってみますか」「できたっ」「あったまりそう」「さあ、こねるぞ」。

 料理している人の語りらしい。しかし料理家の声ではなく、聞き覚えのある女優さんの透明な声です。その声の主は、鈴木保奈美さん。

『365日の献立日記』(NHK Eテレ金曜:21:55、再放送日曜8:55、火曜12:45)は昭和の名優・沢村貞子さんが26年半記録した「献立日記」をもとに構成されています。「献立日記」に書かれているのは料理名のみ。メモとして朝晩の献立・日付を記入したシンプルな日記です。

 この番組では「献立日記」にある料理名をもとに料理家・飯島奈美さんが自由に作っていくのですが、飯島さんの姿もなく映るのは作業をしている手だけ。声で登場する鈴木さんはいわば「主人公」役で、料理をしている人になって野菜の色にびっくりしたり卵や米や魚といった馴染みの素材に新鮮な発見をしたり、民芸を中心とした焼き物の器をワクワクして選んだり。あらかじめ準備された説明的なセリフというよりも、今・ここのリアクションがいきいきと伝わり場の空気感や手触り感がリアルに漂う。

 BGMがまたステキ。ツボに入ってしまうフィット感。つい何の曲なのかを知りたくなる。「青豆ごはんの回に使われた曲が何か知りたいのですが」といった質問がネット上に飛び交うのもそのせいでしょう。ジャック・ジョンソンやノラ・ジョーンズなど、使われるのは主に洋楽でアコースティックなナンバーが多いのですが、時に日本の秀れた音、例えばNulbarichの「Sweet & Sour」(『デザイナー 渋井直人の休日』のEDソング)が流れてきたり。映像のシズル感と音楽とが絶妙に溶け合い、センスの良さに思わず唸る。

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン