芸能

“ジャーなし”スーパー戦隊 番組Pが語る「桃太郎を題材にした狙い」

第2話より (c)テレビ朝日・東映AG・東映

第2話より (c)テレビ朝日・東映AG・東映

 スーパー戦隊シリーズの最新作『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』(テレビ朝日系、毎週日曜朝9時30分〜)が、様々な角度から反響を呼んでいる。2月9日に行われた制作発表会見では、主人公・ドンモモタロウ=桃井タロウ役を演じる俳優の樋口幸平が、製作陣が「革新的な作品を目指す」と意気込みを見せていることも明かした。番組プロデューサーに話を聞くと、同作ははっきりと「スーパー戦隊ものの枠を打破する」という目的をもって制作されたことがわかった。

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』は、昔話の桃太郎をモチーフにした、シリーズ46作目となる作品。ドンモモタロウのほか、“お供”のサルブラザー(別府由来)、イヌブラザー(柊太朗)、キジブラザー(鈴木浩文)、さらにオニシスター(志田こはく)の5人がヒーローとなって、悪と戦う物語だ。

第2話より (c)テレビ朝日・東映AG・東映

第2話より (c)テレビ朝日・東映AG・東映

 スーパー戦隊シリーズといえば「○○ジャー」というタイトルが定番。しかし今作では2012〜2013年に放送された『特命戦隊ゴーバスターズ』(テレビ朝日系)以来10年ぶりに“ジャーなし”のタイトルとなっている。その理由について伺ったところ、番組プロデューサーの白倉伸一郎氏は“あるジレンマ”を明かした。

「スーパー戦隊シリーズは今作で46作目。非常に長く支持をいただいていて、もはや国民的作品と言っていいと思うんですね。しかし一方で、長く愛され続けているからこそ、パロディ作品も多い。ご当地ヒーローや企業のキャラクター等々、『○○レンジャー』と呼称するものが世の中に溢れかえっているんです。

 その結果、本家本元であるはずの我々のスーパー戦隊シリーズも、世の中に数多ある『○○レンジャー』の一つに見えてしまう。こうした状況をなんとか打破したいと思いました。もちろん内容においてパロディ作品よりも圧倒的にクオリティが高いものを目指すという前提はありますが、ネーミング自体もそろそろ考え直さなければ先に進めないなと」(番組プロデューサー・白倉伸一郎氏、以下同)

 そんな『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』がモチーフとしているのは“桃太郎”。これまでのスーパー戦隊シリーズでは、恐竜や忍者、魔法など同時代の流行を取り入れることで注目を集めることもあった。

 今作では桃太郎の“鬼退治”から、大ヒット作品『鬼滅の刃』の影響を見る向きもある。しかし番組プロデューサーの白倉氏によれば「全く考えていなかった」そうで、「後から気づいて、むしろ被らないように一生懸命気を配って作りました」とのことだ。

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン