国際情報

在日ロシア人、ウクライナ人の戸惑い 両国の女性が働くクラブではプーチン信者や戦地の故郷思い涙する人も

ウクライナは戦火に包まれている(時事通信フォト)

ウクライナ侵攻でロシア、ウクライナ両国の人々の対立も(時事通信フォト)

 警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、ロシアによるウクライナ侵攻で生活が一変した、日本国内に住むロシア人、ウクライナ人の現状や心境を探る。

 * * *
 国際的ハッカー集団「アノニマス」が3月6日、ロシアの国営テレビなどを数十秒間に渡りハッキングし、ウクライナでの戦闘映像を放送したとツイッターで公表した。映像の中でアノニマスは、「国際的な出来事をロシアメディアが少ししか報じていないという報告を受けている」と主張しロシア政府の情報統制を批判、「戦争に声を上げよう」とメッセージを送った。

 ロシア政府による情報統制は厳しさを増している。永住ビザを持ち、日本国内で暮らすウクライナ人女性、Aさんは、モスクワに住む母親の身を案じて電話をかけ、こんな話をしたという。

「母に『大丈夫?問題はない?』と電話をしたら、『何、どうしたの?』と言うので、『ウクライナと戦争になったでしょ』と言ったら、『えっ、戦争? 何のこと?』と。ロシアがウクライナに侵攻して10時間以上経っていたのに、母はそれを知らなかった。ロシアのテレビでは、ウクライナへの攻撃をニュースで流していなかったんです」 

 ロシアの中でも、ネットやSNSを利用せずテレビを主な情報源としている人たちの中には、今でもウクライナとの戦争について詳しく知らない者もいるという。だがAさんは、政府による厳しい情報統制が、ロシアに住むウクライナ人の身を危険にさらすことになるのではないかと心配する。

「母の身が心配です。母にはなるべく家から出ないように言いました。周りの人はみんな母がウクライナ人だと知っているから。いつどこで、報復されるか分かりません」

 日本人と結婚し、都内に住むウクライナ人女性、Bさんは、連日ロシアによる攻撃が激しくなるウクライナでは、人々の間にいがみ合いや対立が起き始めていると話す。

「姉はキエフに暮らしており、その夫は18年も前からロシアに出稼ぎに出ているのですが、親族が姉やその夫のことを“裏切り者”と言っていると聞いて、ものすごく驚きました。

 これまでずっとロシアで働いてきて、親族はそのことについて誰一人何も言わなかった。ロシアがウクライナを攻撃し始めると、親族たちが電話をかけてきて、姉にあいつは“裏切り者だ”と罵ったんです。18年ですよ。そんな前からロシアにいるのに、なぜ?と悲しくなりました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト