芸能

名人戦に挑む斎藤慎太郎八段 将棋の楽しさは「無言のコミュニケーション」

斉藤

詰将棋好きな”西のイケメン王子”、斎藤慎太郎八段

 藤井聡太竜王(19才)の大活躍で将棋ブームの真っ只中だが、彼よりもいち早く「名人」への挑戦権を得たのが斎藤慎太郎八段(28才)。4月に開幕する名人戦七番勝負で渡辺明名人(37才)に挑む。斎藤八段に話を聞いた。

「将棋との出会いは小学校に上がる少し前。当時通っていた学習塾の『公文』に置いてあった将棋の入門書を手に取ったのがきっかけです。将棋のルールは全く知らなかったのですが、トランプやカードゲームが好きだったので、同じようなものかと思って惹かれました。両親も“興味があるならやってみたら”という感じで、小学1年生から本格的に将棋教室に通い始めました。

 その後、高校3年生でプロになることができました。学生の頃は早くプロにならなければという焦りもありましたが、焦ると成績も落ちてしまう。そういうときに、師匠の存在は大きかったです。プロ棋士になるためには師匠に弟子入りしなければならないのですが、実際にプロへの道を通ってきたかたの言葉にはやはり含蓄がありますから。

 私は、様々な世代のかたと交流できるのが将棋の魅力だと思っています。たとえばスポーツの世界だと、プロ選手は10代から20代がメインですよね。でも将棋は60代、70代の現役棋士もいる。私も20才前後くらいで加藤一二三先生と対局をしたことがあります。対局中に会話をすることはないのですが、棋譜を通じて相手の性格や考え方は伝わってくる。その無言のコミュニケーションが楽しいんです」

Q.休日の過ごし方は?
「料理が好きで、最近はトマト料理をいろいろ作っています。料理の、何を作るか決めてから材料を集め、それに合う調味料を揃え……と頭の中で組み立てていくところが、将棋に似てるなと思うんです」

【プロフィール】
斎藤慎太郎(さいとう・しんたろう)/棋士番号286。1993年4月21日生まれ、奈良県出身。2004年9月に奨励会に入会し、2012年4月にプロ四段となる。先日行われた名人戦・A級順位戦で開幕8連勝し名人挑戦権を獲得した。

撮影/恵原祐二

※女性セブン2022年3月24日号

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン