国際情報

北方領土の元島民ら ロシアのウクライナ侵攻に「本当に断腸の思い」

ウクライナを侵攻するロシア軍(EyePress via AFP)

ウクライナを侵攻するロシア軍(EyePress via AFP)

 ウクライナ侵攻を続けるロシアのプーチン大統領は、北方領土を事実上の経済特区に指定し、さらにミサイル発射訓練をするなど、日本固有の領土である北方領土での活動を活発化させている。そうした状況に対して胸を痛めているのが、他ならぬ北方領土の元島民たちだ。元島民6人に話を聞くと、ロシアのウクライナ侵攻により、故郷に帰る日がさらに遠のいたことへの深い嘆きが聞かれた。【前後編の後編。前編から読む】

 終戦時、北方領土には3124世帯、1万7291人の島民が暮らしていた。現在、ほぼ同数である約1万7000人のロシア人が択捉島、国後島、色丹島に暮らす。歯舞群島に居住するのは警備隊のみで、一般住民は住んでいない。

 戦後の日本では北方領土返還運動が広がり、1956年の日ソ共同宣言では、平和条約締結後に歯舞群島、色丹島を引き渡すことが盛り込まれた。

 ビザがなくても元島民やその子孫などが北方領土を訪問できる「北方四島交流事業」も始まった。現在、交流事業には「北方墓参」「ビザなし交流」「自由訪問」の3つがあり、これまでのべ3万5000人が参加し、現地のロシア人と交流した。

 ソ連がロシアに変わっても、元島民たちは必ず島に戻れると信じて返還運動を続けている。

自由訪問で国後島ハッチャスに上陸する元島民ら(2019年)

自由訪問で国後島ハッチャスに上陸する元島民ら(2019年)

「年齢を重ねるほど、島に戻りたいという気持ちが強まっています」──そう故郷への思いを語るのは、国後島出身の古林貞夫さん(83)だ。

「私の生まれ育った地域はロシア警備隊の本拠地で、交流事業で国後島を訪問しても生家の周辺に足を踏み入れることができません。小さい時に生まれ育った自分の家のかたちや周りの景色は目に焼きついているのに、もう75年も訪れることができていない。島がどう変化しているのか、この目で見ることだけを念願しています」(古林さん)

 択捉島出身の鈴木咲子さん(83)は「その日」が来ることを信じて、70歳を過ぎてからロシア語の勉強を始めた。

「一度だけ飛行墓参をした際、島を空から見て帰ってくるだけなのに、窓の外に故郷が近づいてくるとワクワクしたものです。私は生きているうちに自由に行き来ができるようになれば、向こうでロシアの人たちと一緒に住んでもいいと思いました。幼い頃の占領時に2年間、耳から覚えたロシア語で生活していたわけだし、言葉を覚えておいて損はないとロシア語を習い始めたんです」(鈴木さん)

自由訪問で択捉島入里節を行く元島民ら(2018年撮影)

自由訪問で択捉島入里節を行く(2018年)

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン