ライフ

最新作『ななみの海』朝比奈あすかさんインタビュー「希望を託すつもりで書いた」

朝比奈あすか

前作『翼の翼』が話題を呼んだ朝比奈あすかさんが最新作『ななみの海』を語る(撮影/政川慎司)

【著者インタビュー】朝比奈あすかさん/『ななみの海』/双葉社/1760円

【本の内容】
 高校2年生のななみは、ダンス部に所属し、《快活でおしゃれなみえきょん、勝気でリーダー気質の瀬奈、成績優秀お嬢様のズミ》と仲がいい。3人と違うのはななみが「家の子」ではなく、「寮の子」であること。名称に「寮」がつく児童養護施設に暮らしている。寮の門限やスマホの利用制限に理不尽を感じながらも、医者になるために勉強もがんばっていた。両親が亡くなった後、ななみを育てたおばあちゃんの《ななみは、たまたまの巡り合わせでこういうことになってしまっただけで、施設の子とは違う。馬鹿にされちゃアいけない》という言葉が理由だったがー大人と子供、友達、部活、恋愛、受験、そして将来……悩み苦しみながらも人生の扉を開く子供たちの姿を活写した青春小説。

私はくりかえし忘れることを自分に許していた

 保護者による児童の虐待死があとをたたない。

「ニュースを見るたび、打ちのめされて、やりきれなくて。なんとかしなきゃと思うのに、しばらくすると忘れてしまう。あるとき、私はくりかえし忘れることを自分に許しているって気づいたんです」(朝比奈さん・以下同)

 朝比奈さんに言われて、ハッとする。確かにそのとおりで、虐待死が報じられるたびに憤り、その子の死を悼むけれど、なかなか自分の行動に結びつかない。

「この瞬間も殴られている子がいるかもしれないんだなって、考える時間が増えていきました。野田市(千葉県)の虐待死事件のあと、児童相談所を責める声がすごく強かったんですね。でも、私たちは、その人たちにすごく頼っている面があるのに。24時間、365日子どもと向き合っている人が現実にいて、その人たちをもっと支えるにはどうしたらいいのか。子どもたちが引き取られていった施設ではどんな暮らしをして、どういう人が周りにいるのか知りたいと編集者と話していたら、じゃあ取材してみませんか、ということになりました」

 3つの施設を見学できることになり、職員から話も聞いた。取材したのは2020年2月から3月にかけてで、もう少し取りかかるのが遅ければ、コロナ感染の拡大で、取材そのものができなかったかもしれなかった。

「最初は施設の職員を主人公にすることも考えたんですけど、17、18歳の女の子の視点で世の中を見る小説を書きたいと、だんだん考えがまとまっていきました。

 日本では基本的に18歳になると施設を出て、自立しなければいけないんです。少しずつ変わりつつあるんですが、苦しい思いをしてなんとか生き延びた子どもが、後ろ盾も帰れる場所もないまま、18歳で世の中に出ていかなければならないなんて、どんな気持ちがするだろうと思います」

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン