ライフ

身長168cm以下向けメンズブランド代表が語る「小柄だからこその工夫」

ユナイテッドアンツ代表の大谷成氏

ユナイテッドアンツ代表の大谷成さん。自身もコーディネートの悩みを抱えていた

 近年、日本人の若年男性が“低身長化”しているという。厚労省「国民健康・栄養調査」によれば、2019年の20歳男性の平均身長は170.2cm(標準偏差6.8)。21歳男性では168.7cm(同6.1)だった。2009年の同調査では20歳173.5cm(標準偏差5.8)、21歳170.1歳(同)だったから、10年で2cm程度縮んだとも言えそうだ。そうした中、“身長168cm以下”をターゲットとした衣料品ブランドが登場した。小柄男性ならではのファッションの悩みや強みについて、「ユナイテッドアンツ(UNITED ANTS)」代表の大谷成さん(27)に話を訊いた。

 ユナイテッドアンツは2021年1月に設立。通常のアパレルショップのSサイズでも合わないという小柄男性に向けた商品をオンラインサイトで販売している。代表の大谷さんも身長162cmの小柄男性。これまで背が低いことでコーディネートの悩みを抱え続けてきた。

「一番の悩みは自分に合うサイズのパンツがないことでした。本当はアンクル丈やジャスト丈で履いて足が綺麗に見えるようにしたいんですけど、Sサイズでも長いので、ファッションの選択肢がかなり狭まってしまう。他の小柄男性に話を聞いた時も、やっぱりパンツに不満を抱えている方が多かったです。

 もちろんトップスもサイズが合わない。例えばユニクロのSサイズは着丈が70cm以上あるんですけど、そうなると身長168cm以下の男性には長いんですね。そのまま着るとどうしても足が短く見えてしまう。なのでタックインしか選択肢がなくなってしまうんです」(大谷さん、以下「」内同)

 自身の悩み解決のためにも新たなメンズブランドの立ち上げを決意した大谷さんは、調査を兼ねて様々な小柄男性のインフルエンサーにDMでコンタクトを取った。大半のインフルエンサーからは返事があり、悩みや課題についてメッセージが寄せられた。中には商品開発のきっかけとなった意見も含まれていたそうだ。

「商品企画につながるメッセージを送ってくださった方がいました。それにはハッとさせられた。フレアパンツという、膝から裾にかけて広がる形のパンツがあるんですけど、小柄男性が履くと膝位置がどうしても合わないんですね。裾上げをすると裾の広がりがなくなってしまう。

 それでその方は『小柄男性用のフレアパンツを作ったらどうか』と仰ってくださって、なるほどと思って膝位置を上げるなど工夫をして自分なりに小柄男性用のフレアパンツを開発したんです。それが今一番売れているユナイテッドアンツの看板商品になりました」

ユナイテッドアンツの「センタークリースフレアパンツ」

ユナイテッドアンツの「センタークリースフレアパンツ」

関連記事

トピックス

玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた
泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす
女性セブン
原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も
週刊ポスト
茂木敏充・幹事長の対応が原因?(時事通信フォト)
「言ったよね?」茂木敏充・自民党幹事長に激昂された党職員、その日を境に職務を外され異動
週刊ポスト
2008年に退任した岡田氏が、再び阪神の監督に就任すると報じられた(時事通信フォト)
岡田彰布氏が阪神の新監督へ 球団首脳が一致と報じられた「平田勝男二軍監督の昇格案」はいかに消えたのか
NEWSポストセブン
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
ファンは勝利を望んでいる(時事通信フォト)
2年連続シーズン負け越しの巨人 原辰徳監督と坂本勇人に「責任を取るべき」の指摘が
NEWSポストセブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン