ライフ

60代記者が目指すゴミゼロ生活 生ゴミの処理は「干す、押す、埋める」

滝沢さんに弟子入り志願

ゴミ清掃員兼芸人のマシンガンズ・滝沢秀一さんにオバ記者が弟子入り

 コロナ禍でおうち時間が増えると、家庭ゴミも増加。サステナブルな生活が求められる昨今、ゴミをいかに減らしていくかも重要な課題だ。女性セブンの名物ライター“オバ記者”こと野原広子が“ゴミゼロ生活“に挑戦した。

 * * *
 いったいいつの間にこんなことに……。

 あと約21年半でゴミの最終処分場がいっぱいになる。それも東南アジアやアフリカなどに汚れたプラゴミを引き取ってもらってのことで、もし拒否されたらどうするのか。

 いまのままでいったら、最終処分場が満杯になる日まで短くなることはあっても、長くなることはない、なんて聞いてないよ。

 どんな町にも100均があるし、たんすの中は安いファストファッションであふれかえっている。

「手軽に買えるものって大事にしないですよね。ぼくはお金を出してすぐにゴミになるものを買い集めているように見えて仕方がないんです」

 そう語るゴミ清掃員兼芸人のマシンガンズ・滝沢秀一さんは、これからの日本のゴミは、「もっとリサイクルに人とお金をかけるべき」と言う。

「要するにリサイクル業者の雇用を増やして、可燃ゴミを減らすわけです。可燃ゴミってたとえば、紙は捨てずに徹底的に再利用する。燃やして灰を増やすためにコストをかけるよりずっと有用だと思うんです。それから、たとえばこれ!」

 そう言って滝沢さんが見せてくれたのが、年季が入った保温水筒だ。

「本当に簡単なことでいいんですよ。マイボトルなんて持ったってとバカにされますけど、1日1本買うのをやめたら1年で365本。これを10人、100人がしたらバカになりません」

 そうなのよね。節約というとすぐにお金の話になるけれど、これから私たちがしないといけない節約はゴミの量。

 ゴミ問題は行くところまで行ってしまったらいくらお金をかけても引き戻せないもの。

 そうなる前に自分たちのできることをコツコツとやる。それしか打つ手はないのよね。

関連キーワード

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン