芸能

スザンヌ、再入学した通信制高校を卒業 緊張の卒業式は「恩返しの場」

17年ぶりの制服姿も違和感なし。誰よりも喜んでくれたという母と喜びのツーショット

17年ぶりの制服姿も違和感なし。誰よりも喜んでくれたという母と喜びのツーショット

 小学生の息子を持つ親でもあるタレントのスザンヌ(35才)が、昨年4月から通っていた通信制の高校を卒業した。

「実は、芸能活動をするために高校を2年で中退していて、そのことがずっと引っかかっていたんです。そんなあるとき、たまたまゲスト出演させていただいた番組で、私の母校の制服が紹介されて、『私、ここのOGなんです。卒業はしてないんですけどね』なんて、話をしていたら、それを見た母校の先生が『卒業してみる気はありませんか?』と連絡をくれたんです。それで思い切って再入学を決意しました」(スザンヌ・以下同)

 最初は家事や育児、仕事との両立に不安があったが、得意な早起きでそれを克服した。

「4時半か5時に起きて勉強をして、息子を学校へ送り出してから、さらに2時間くらい勉強。その後、家事や仕事をこなすという毎日でした。

 久しぶりというか、“はじめまして”みたいな勉強が多いし(笑い)、レポートも書かなければいけないので本当に大変でした。でも、優しい先生たちのおかげで卒業までこぎつけました」

 息子も「ママが頑張るから、ぼくも頑張る!」と言って応援してくれたという。

「息子は卒業式にも来てくれて。私は通信制の成績優秀者に選んでいただけたので、代表として最前列に、全日制の皆さんと一緒に座ることになったのですが、すごく厳粛な雰囲気で、めちゃ緊張しましたね(笑い)。

 自分が卒業できたことはもちろんうれしいですが、このコロナ禍で大変だった卒業生の皆さんを見て『立派だな、おめでとう』って親心みたいな感じもありました。

 私にとって高校の卒業式は、出たくても出られなかったもの。それが実現できて、頑張った自分をほめてあげたいというより、母や家族、友達への恩返しの場でもありました。本当に感謝の気持ちを伝えるための卒業式になりました」

取材・文/北武司

※女性セブン2022年3月31日号

当日にぶっつけ本番で行った卒業証書授与の瞬間。「仕事よりも緊張しました」

当日にぶっつけ本番で行った卒業証書授与の瞬間。「仕事よりも緊張しました」

34才での入学から卒業を果たした

34才での入学から卒業を果たした

関連キーワード

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン