国際情報

プーチン・ロシア軍が核兵器使用を想定する「2つのシチュエーション」

核兵器使用の条件とは(写真/共同通信社)

核兵器使用の条件とは(写真/共同通信社)

 ウクライナをめぐる戦況は完全に泥沼化している。ロシア軍は約19万人とされる圧倒的な兵力で侵攻したが、米国やNATO(北大西洋条約機構)諸国の支援を受けたウクライナ軍は激しく抵抗。ロシア軍は兵力の消耗を防ぐため、ミサイルによる無差別攻撃などをエスカレートさせている。

 思い通りにならないプーチン大統領は、早い段階で“核のボタン”に手を触れてみせた。侵攻3日後の2月27日、欧米諸国が経済制裁を決めると、プーチン氏はロシア軍の核運用部隊に「任務遂行のための高度な警戒態勢」を命令し、ショイグ国防相は戦略核兵器部隊が戦闘可能態勢に入ったことを報告したと報じられた。

 この動きに、米国のバイデン大統領は「(核戦争を)心配する必要はない」と応じたが、プーチン氏の開戦準備を見ていくと、当初から事態が悪化した場合の「核使用」が念頭にあったことが窺える。

 事前段階としてプーチン氏は2020年に「核抑止の分野におけるロシア連邦国家政策の基礎」と題された大統領令に署名。そこでは、「軍事紛争が発生した場合の軍事活動のエスカレーション阻止」などが核兵器の役割として位置づけられた。

 そのうえで、侵攻開始直前の2月19日、ロシア軍は北部の基地から極東のカムチャツカ半島に向けICBM「ヤルス」を試射。黒海艦隊も艦艇と潜水艦から巡航ミサイルや極超音速ミサイルを試射するなど、大規模な“核演習”を実施している。

 そしてウクライナ侵攻の日、プーチン氏は国営テレビで「ロシアはソ連が崩壊したあとも最強の核保有国の一つだ」と世界に向け、脅しを発した。ロシア軍の核部隊がすぐ臨戦態勢を整えられたのは、そうした準備があったからだ。

 ロシアの軍事・安全保障政策に詳しい東大先端科学技術研究センター専任講師の小泉悠氏は、「結論から言うと、プーチン大統領が核を使う可能性は排除できないと考えます」と語る。

「ロシアの参謀本部が出している『軍事思想』という雑誌を読むと、軍の中で限定核使用という考え方が論じられている。昔のソ連軍は530万人ほどいたが、現在のロシア軍は約90万人。NATOと真正面から戦えば、とてもじゃないが通常戦力では勝てないとロシアの将軍たちも認めている。そこで限定核使用の考え方が出てくる」

 具体的には、ロシア軍は2つのシチュエーションで核使用を想定しているという。ひとつは「ロシアが負けないうちに戦争を終わらせる」ために使う。

「このままでは敗北は避けられない状況に陥った時、これ以上戦争を続けたら大変なことになると相手にわからせるために、もの凄い損害を出すところを1か所だけ選んで核を使用することが想定されています」(小泉氏)

 もうひとつは、その時点ではロシア軍が勝っているけれども、続けると米国などの大国が参戦して負けてしまう状況だ。

「そういう時に、米国やNATOは参戦しないでくれとメッセージを出すための核使用です。今回は両方とも当てはまるのではないか」(同前)

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン