国際情報

プーチン・ロシア軍が核兵器使用を想定する「2つのシチュエーション」

ロシアが保有する核弾頭

ロシアが保有する核弾頭

爆撃機からか潜水艦からか

 今後の戦況はなお予断を許さない。ロシア軍はキエフ包囲網を狭めているが、たとえ3月中に首都が陥落しても、米国などの支援を受けるウクライナ軍は各地でゲリラ戦を続ける可能性が高い。ロシアにはウクライナ全土を占領するだけの兵力はなく、そうなれば戦況は一層泥沼化する。まさにロシアの将軍たちが想定していた事態だ。プーチン氏にすれば、「核の限定使用」を決断せざるを得ないXデーに限りなく近づく。

 別掲図のようにICBM、SLBMに装備されるなど、ロシアが保有する核弾頭は6000発を超える。長崎大学核兵器廃絶研究センターの鈴木達治郎・副センター長が語る。

「ロシアの核戦力は米英などと異なり、すべてが公表されておらず不透明な部分が多いが、アメリカの専門家が蓄積したデータなどを総合すると、すぐ使えるように作戦配備されているのは約1600発。ロシアも冷戦終結直後は核保有数を減らしていましたが、2020年から軍用核弾頭が増えています」

 懸念の募るデータとしか言いようがない。では、最悪の場合、どのような核兵器が使われる危険があるのか。

 核兵器は小型化、低出力化が進み、ロシアは比較的短い射程のミサイルに小型低出力の核弾頭を装備しているとされる。低出力とはいえ、一発で広島型原爆(推定16キロトン)に迫る爆発力だ。前出・小泉氏の見方だ。

「NATOがこれまでのロシア軍の訓練を評価したところでは、空中発射巡航ミサイル、つまり爆撃機から発射される巡航ミサイルを使うのではないかとの見方が有力です。また、17年に出されたロシア海軍のドクトリン文書では、エスカレーション抑止のための核攻撃を海軍の任務として挙げていることから、潜水艦から巡航ミサイル発射の可能性もあります」

 目標や被害の規模も懸念される。

「ロシアの将軍たちが書いたものを読むと、標的は人口密集地であったり、重要産業地帯であったり、明確にはわからない。脅しだけが目的なら黒海上空で1発だけ落とすとか、ウクライナの誰も住んでいない平原に落とすことも考えられる」(同前)

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン