国内

高校受験浪人は是か非か 「止めたほうがいい」と受験のプロが断言する理由

合格を祈り絵馬を奉納(イメージ、時事通信フォト)

合格を祈り絵馬を奉納(イメージ、時事通信フォト)

 都立高校二次試験の合格発表があり、2022年4月入学へ向けた東京都の高校入試シーズンも終わりが見えてきた。定員に満たない都立高校はこれから三次募集があり、新入学への準備が東京都ではギリギリまで続けられる。その2022年入試では、みずからSNS発信をしている一人の有名人の子供が、高校受験浪人をしてしまうかもしれないと注目を集めている。俳人で著作家の日野百草氏が、高校受験で浪人をすることは現実的なのかについて、学習塾で長く講師を務める高校受験のプロに聞いた。

 * * *
「私立にしろ、都立にしろ、内申点(調査書点)は親御さんも受験生本人もある程度は把握しているはずです。いまは少子化もありますから上位層以外は『入れる高校』をすんなり受けて、高校生活に臨む、というのが一般的なのですが」

 高校受験に精通する大手学習塾のベテラン室長が首を傾げる。女子プロレスラーでタレントのジャガー横田さんと医師で大学教授の木下博勝さんの長男、木下大維志さん(15)の高校受験、これまで6回の入試で不合格、「このままでは高校浪人」とネットユーザーが反応、大維志さんがインスタグラム上で反論するという一幕もあった。

「大昔はナンバースクールに入るために高校浪人、なんて子も地方にはいましたけど、いまは大学受験で挽回できますからね、そもそも高校受験で無理することはないと個人的には思います」

 かつてのバブル世代や団塊ジュニア世代などは受験倍率も高く、不明瞭な内申書にも苦しめられた人が多いかもしれないが、少子化と受験改革を経た現在は、以前ほど高校受験で苦しむ受験生は減っているという。また現在でも東京都と地方では受験システムに大幅な違いがある。本人が公立(都立)の全日制普通科に入学したければ、どこでもいいなら3次募集までで大方は入れるシステムになっている。いたれりつくせり、対策もとりやすい。

「内申点は中学3年の1学期までの通知表でおおよそは把握できます。昔に比べて受験方式も多種多様ですが、基本は変わらず実力より上のチャレンジ校、実力通りの本命校、そして万が一のために滑り止め校と受けます。もちろんどうしても入りたい私立なら単願という手もありますし、都立志望ならランクを少し下げて安全策をとります。その辺は昔と変わりませんが、安全志向は強まっています」

 補足するなら、「一般試験は推薦じゃないので試験だけ頑張ればいい」は昔の話で、ましてや「素行不良でも試験本番だけ高得点で極端な大逆転」は起きにくくなっている(とくに都立、もちろん絶対ではない)。内申点の比重はそれほどまでに大きくなっている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン