芸能

川嶋あいが語る『旅立ちの日に…』 卒業式ライブでは熱唱する男子生徒に驚き

『旅立ちの日に…』は川嶋にとって8枚目のシングル

『旅立ちの日に…』は川嶋にとって8枚目のシングル

 数多くの卒業ソングを発表している、シンガーソングライターの川嶋あい(36才)。その中でも、『旅立ちの日に…』は、平成卒業ソングといわれる代表曲の1つだ。

「私はもともと路上で歌っていて、『旅立ちの日に…』はその時代のミニアルバムに収録していた曲です。中学を卒業するときに学校生活を思いながら作りました。

 実は『あいのり』(フジテレビ系)という番組の主題歌だった『明日への扉』の原曲で、メロディーはまったく同じで、歌詞だけが違うんです」(川嶋・以下同)

 この曲の発売は2006年だが、徐々に卒業式にふさわしい歌として浸透。いまでは全国の学校で歌われているだけでなく、中学校の道徳の教科書にも掲載されている。

「10年以上前の曲なのに、いろんな学校で歌われているという声をよく聞くので、本当にありがたいです。

 私は、18才の頃から卒業式サプライズライブをしていて、応募があった学校に行くんですが、卒業生と彼らを見守る先生や保護者の皆さんとの絆がいつもダイレクトに伝わってきて感動します。

 それに、以前は照れや恥ずかしさから真剣に取り組まなかった男子たちが、思いっきり大声で熱唱していて、泣いている子もいて、毎回、私が驚かされている感じです」

 ボランティアにも熱心な川嶋は、東日本大震災の被災地には何度も訪れている。

「あのとき、卒業式で歌うはずだった『旅立ちの日に…』を歌いながら、励まし合って一晩を過ごした子供たちがいるという話を聞いて、その子たちに会いに避難所を訪問したんです。それから卒業式にも参加して、一緒に合唱もしました。これからもこういう出会いを大切にしていきたいと思っています」

川嶋あい

川嶋あい

取材・文/北武司

【プロフィール】
川嶋あい/1986年、福岡県生まれ。2002年から路上ライブを始め、2003年に『I WiSH』のaiとして『明日への扉』でデビュー。2006年からソロに。デビュー当時に始めた卒業式サプライズライブをコロナ禍のいまも行っている。

※女性セブン2022年3月31日号

トピックス

パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
分裂抗争再燃か(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
病院発砲事件は「ケーキ片手に発砲事件」の報復か 過激化する山口組分裂抗争
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン