芸能

木下優樹菜の「本来私は慰謝料をもらう立場」発言で話題再燃 “伝説の92”とは

一般人の木下優樹菜

写真集を発売した木下優樹菜

 “一般人”としてヌード写真集発売という話題を提供した元タレントの木下優樹菜(34)が、今度は「本来私は慰謝料をもらう立場でしたが」と突然ぶちまけ、周囲を騒然とさせている。

 2020年7月に芸能界を引退した木下が、3月17日にヌード写真集『CORRECT』(双葉社)を発売した。「芸能界への復帰は考えておりませんが、34才の私として、今だからこそ残せる作品として、ぜひ出したいと思いました」とあくまで芸能活動再開ではないとしている木下。同日行われた引退後初となる公の場での会見でも、「一般人とか芸能人とかいうのが一人歩きしている」と語っていた。

「木下さんは会見でも、『芸能事務所に所属せず、SNSなど一般人でも使えるツールを使って活動している』と、一般人だということを強調していました。とはいえ、胸元が大胆に開いたミニワンピース衣装で写真集の出版会見を開いている時点で、実質的には芸能活動と変わらないのではないか、という声が多く聞かれたのも事実です」(芸能記者)

 その夜、木下はInstagramのストーリーズで〈今日はひさびさの記者会見でした 沢山の記者さんメディアさんありがとうございました〉と発信。続けて、〈今旦那さんの発言により一人歩きしている学費だったりの件について〉と元夫でお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(51)との間の金銭事情について触れはじめた。

 藤本の発言とは、3月13日放送の読売テレビ『もんくもん』内で、木下に親権がある二人の間の子どもについて藤本が「学費も僕が全部」払っているという発言をしたこと。あくまで養育費の話ではあったが、「ちょっと渡すくらい」ではなく学費は全部藤本が払っているという告白が話題となっていた。

 木下はこれに反応したのだろう。Instagramのストーリーズで、〈離婚する際に本来私は慰謝料をもらう立場でしたが そういったものは私は、もらわないと決め、彼自身、2人の父親として”学費”だけは払うという事になった〉〈彼の発言が様々な憶測を呼び起こし 色々な報道のされ方をしてますが 生活費などは一切もらっておりません〉と主張したのだ。

 学費の話に「生活費などは一切もらってない」と返していることもそうだが、何より気になるのが「本来私は慰謝料をもらう立場でした」の部分。ネット上ではこれが「令和版の“伝説の92”ではないか」と多くの指摘を受け、一時は「伝説の92」というワードがトレンドに上がったほどだった。

「伝説の92」とは一体何か

 この「伝説の92」とは何のことだろうか? ネット事情に詳しいライターは説明する。

「2007年、インターネットの巨大掲示板にとある既婚女性が離婚に関する相談を投稿しました。それは、女性の浮気がバレて離婚する場合に、女性が受け取る慰謝料と生活費は減らされるのか? というもの。さらに、通常浮気がしたほうが慰謝料を払うのではという回答に対し、この女性は『離婚するんですけど、女性でも慰謝料を払うんですか?』と発言したのです。

 夫婦の離婚はその原因にかかわらず、夫が妻に慰謝料を払うものだと本気で思っていたらしいこの女性の書き込みは、当時のネット上で大きな衝撃とともに話題となり、女性のレス(発言)番号が92だったことにちなんで“伝説の92”と呼ばれるようになりました」

 藤本と木下の離婚は当時、「お互いの芸能生活の中で、夫婦としてのすれ違いや生活のずれが重なり、話し合いを重ねた結果このような結論に至りました」と説明されていた。藤本も出演した番組で「(どちらかの不貞が原因ではなく)お互いに不満が溜まっていった結果」だとしていた。

 にもかかわらず「本来私は慰謝料をもらう立場」と突然主張した木下に対し、この「伝説の92」を彷彿させるとツッコミが殺到したというわけだ。

 木下の真意はわからないものの、やはり上記発言は唐突感は否めない。これが「伝説の92」同様の思い違いによるものなのか、それともまだ明かされていない事実が何かあるのか、一般人である木下から説明はあるのだろうか。

木下優樹菜のその他の写真はこちらから

関連キーワード

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン