国内

電動キックボード「無免許ノーヘルで公道走行可」は見直すべきではないか

街中を走る電動キックボード(イメージ、時事通信フォト)

街中を走る電動キックボード(イメージ、時事通信フォト)

 日本では過去に二度、「交通戦争」と呼ばれた時代があった。第一次は自動車交通が急成長した1955年頃から始まり1970年代前半まで、主に子供を中心とした歩行者が犠牲になった。第二次は、国民皆免許状態になった影響で減少していた死者数が増加に転じた1980年からで、自動車乗車中の死者が最多だった。そしていま、道路交通法の車種区分に「特定小型原付」という、交通を巡る社会が大きく変わりそうな新しい仕組みができた。電動キックボードをはじめとした新しいパーソナルモビリティは、時速20kmまでという条件つきながら、16歳以上であれば免許不要で歩道も自転車道も走れることが決まった。俳人で著作家の日野百草氏が、新しい概念の乗り物をプロのドライバーたちはどのようにとらえているのかを聞いた。

 * * *
「無免ノーヘルが増えたら怖いね、こっちは仕事だからね」

 東京、四ツ谷駅前の交差点。しんみち通りの入口近くで待機していたトラック運転手に、ちょうど電動キックボードが走り去って行ったので聞いてみた。「無免ノーヘル」とは3月4日に閣議決定された電動キックボードについての道路交通法改正案のことだろう。これについては後述とする。

「あれならまだいいけど、無免ノーヘルは困るね。ナンバープレートもないのが走って、引っ掛けでもしたら大変だ」

 あれなら、というのはその電動キックボードは半ヘルとはいえヘルメットをかぶり、原付(1種)のナンバーを取得していたからだ。傍から見ていて一般的な原付バイクに比べれば不安定かつ危なっかしいが、道路交通法的には問題ない。

「でも怖いよ、バイクだってすり抜けされるとヒヤッとするけど、あれ(電動キックボード)は本当に見えないんだよ。とくに夜はびっくりする。信号待ちで並んでたのかってね」

 保安基準はあるが守られているかはあやしいところ、筆者もたびたび目撃したが、ライトもなければ反射板もない電動スクーターを池袋、高田馬場、中野とそれぞれ目撃したことがある。原付のナンバーは市区町村で申請するが基本的に車体確認もないため、あとは「自己責任」ということになる。場所を変えて市ヶ谷、印刷会社の営業車で待機中の営業マンに話を聞く。

「私も自分で乗ってみたいとか興味はありますけど、任意保険とか入ってるんですかね」

 筆者が「原付の任意保険加入率は30%前後」(ファミリー特約含む)と教えると「ぶつかったら怖いですね」と苦笑い。本当にこの任意保険加入率はなんとかならないものかと思う。下手をすれば被害者は泣き寝入りになる。

「歩道も条件次第で走れるみたいですし、いろいろ急ぎすぎな気がします」

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン