ライフ

国内で感染者数が急増する「梅毒」 口に病変があればキスでも感染

「梅毒」への対処法は?

「梅毒」への対処法は?

 今もその対応に悩まされている新型コロナウイルスだけでなく、人類は感染症とともに生きてゆかねばならない。白鴎大学教授の岡田晴恵氏による週刊ポスト連載『感染るんです』より、国内で感染者数が急増している「梅毒」について、さらに解説する。

 * * *
 感染症対策の岡田晴恵です。今週は性感染症の「梅毒」を取り上げます。

 梅毒は、梅毒トレポネーマという細菌による性感染症で、感染者の皮膚や粘膜と直接接触することで感染します。性風俗と強く関わっていたことから、昔は「花柳病」とも呼ばれ“感染すると廃人になる”と恐れられました。

 このように梅毒は、昔の病気というイメージがありますが、この数年、国内で感染者数が急増。「他人事ではない」要注意の感染症となっています。

 日本人の秦佐八郎博士によるドイツ留学時代(1910年)のサルバルサン開発という歴史に残る偉業や、ペニシリンの抗生物質の発見で、梅毒は適切に治療すれば治る病となり、患者は激減しました。

 しかし、感染者が減ればその病気の怖さも忘れさられます。近年の日本では、感染者が男女問わず、さまざまな世代層で増えています。自分と大切な人を守るためにも、知っておきたい感染症の筆頭格でしょう。

 梅毒は慢性感染症で、早期発見(検査)、早期治療開始がポイントです。抗菌剤で完治しますが、治療を中断したり放置したりすると、脳や心臓に重篤な合併症が起こり、死に至ることもあります。

 また、症状が多彩で、無症状の期間もあるため「治った!」と勘違いする人もいますが、その間も体内で病原体が増え続けるため、この無症候性の感染者からも感染します。本人も感染を気づかず、知らずに感染を拡げやすく、治療が遅れることで重症化や治療の長期化に繋がることもあります。恐ろしい感染症ですね。

関連キーワード

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン