芸能

小林麻耶が嗚咽「海老蔵の病室での唖然言動」 暴露内容の真偽は

夫のYouTubeチャンネルに登場した小林麻耶

夫のYouTubeチャンネルに登場した小林麻耶(YouTubeより)

 3月21日にYoutubeにアップされた1本の動画が、芸能界を激震させている。動画に登場するのは小林麻耶(42)。アップされたチャンネルは元夫・國光吟氏の公式チャンネルだ。

「小林麻耶暴露」と題されたその動画で、麻耶が妹の麻央(享年34)の夫・市川海老蔵(44)に対して抱いていたとする“苦しい胸の内”を告白したもの。パート1、パート2に分けられた計20分余りの動画の中で、麻耶はこれまで海老蔵の言動に度々苦しめられてきたと主張している。國光氏との結婚発表のタイミングが海老蔵の歌舞伎公演中だったことで、國光氏に「おまえは何も分かってないな。なんなんだよ」と怒りのLINEが来たこと、発表を受けて記者が公演会場に来てメディア対応しなければいけなくなったことへの不満をぶつけられ、以降甥と姪と会えなくなったことを明かした。

 麻耶が涙をこらえながら告白したのが、麻央の乳がん闘病中のエピソードだ。入院当初、海老蔵は病室に5秒も居られなかったと麻耶は話す。「え、何すればいいの? ちといられないんだけど。帰るわ。そう言って帰ってましたよね」「私、すごい人だなと思いました」。当時を思い出しながら、麻耶はそう振り返る。

 麻耶の“暴露”はさらに続く。闘病生活終盤は5~10分程度は病室にいたという海老蔵の様子について、麻耶は動画内でこう話していた。

「ものすごく苦しくて、本当に大変なときに、競馬新聞を病室で開き、競馬を見ながら楽しんでいましたよね。私と、母と、父の前で」

「とてもいい施術をしてくれる先生がたを見つけては、ご自分が先にその時間を取り、長い間施術を受け、妹はいつも後回しでした」

「妹が亡くなった日に、海老蔵さんは父に向かってこう言いました。“こんなに高いマンション、借りたばっかりなのに!”って。父は絶句してました。私も絶句しました」

「妹からも相談を受けていました。苦しいよ、苦しいよ、死にたいよ。離婚したいよって」

 海老蔵が病と闘っている愛する妻に対して本当にそんな態度を取ったのか、麻耶の言葉の真偽は当事者のみが知るところだが、2本の動画の再生回数は計50万回を超え、いまなお伸び続けている。この動画に対して海老蔵がどう反応するか、注目される。

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト