スポーツ

プロ野球「2年目のジンクス」本当の原因 阪神・佐藤輝明は大丈夫?

お得意のポーズを決める阪神の佐藤輝明(時事通信フォト)

お得意のポーズを決める阪神の佐藤輝明(時事通信フォト)

 3月25日に今季のプロ野球が開幕するが、昨シーズンは史上稀に見るほどにルーキーが豊作だった。新人ながら大活躍した選手たちにとって気になるのが、翌年に成績が残せなくなる「2年目のジンクス」だろう。ルーキーイヤーのような活躍ができなくなることには、何か理由があるのだろうか――。

 昨季のセ・リーグの新人王争いは非常にハイレベルだった。最終的に新人王を獲得した広島の栗林良吏はストッパーとして53試合に登板。新人最多記録タイとなる37セーブをマークする文句なしの成績だった。他にも、DeNAの牧秀悟が新人としては初となるサイクルヒットを記録し、チームの4番も打った。清原和博以来となる新人での3割・20本超えは見事と言うほかない。

 そして、前半戦のチームの快進撃とともに鮮烈な印象を残したのが阪神の佐藤輝明だろう。後半戦は苦しんだものの、シーズン序盤にホームランを量産して52年ぶりとなる球団新人記録を更新してみせた。本誌・週刊ポストの3月18日発売号では、野球評論家の江本孟紀氏、中畑清氏、達川光男氏が開幕目前となった今季の展望を語る座談会を開催しているが、取材現場では「サトテルの2年目」にも注目が集まっていた。

江本氏:佐藤は、意外とスタミナがないんじゃないかと思う。キャンプの後半もオープン戦の後半も、疲れてきたら極端に三振が多くなる。スイングが鈍くなる。

達川氏:集中力がないかもしれないね。前日まで打っていたのに、急に打てなくなる。佐藤だけでなく、阪神全体がそんな感じですけど。

中畑氏:うーん、スタミナがないというイメージはないけどね。

江本氏:そこが問題なんだよね。いかにもスタミナがありそうなごっつい顔しているじゃない。体もがっちりしているのに、意外とやっているとこんなにスイングが鈍いのって。

中畑氏:メンタルかなという気はするね。崩されかけてからの弱さというのは、メンタルが弱いのかなと……。

 3人はそういった課題点に言及した後、「2年目のジンクスの正体は何か」という方向に話題が広がっていった。

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン