ライフ

海外で拒否反応を示される食材 ごぼう、卵の生食、まつたけ、わさび、馬肉

(写真/Getty Images)

フランスではかきを「生」以外で食べるのはご法度(写真/Getty Images)

 海外で生活をした経験がある人なら、日本では好まれているのに海外では見向きもされない食材の存在に驚いたことがあるはず。例えば大豆。今でこそ海外でも大豆が人気だがが、以前は長らく「家畜の餌」という認識だった。

 さらに「野蛮」「グルメじゃない」などの理由から、外国人が拒否反応を示す日本の食べ物はまだまだある。代表的なのは「ごぼう」。外国人から見れば「木の根っこ」にしか見えないのだ。名古屋学芸大学健康・栄養研究所所長の下方浩史さんが言う。

「第二次世界大戦中にアメリカ人捕虜にごぼうを食べさせた日本人が、『木の根っこを食べさせるなんて、虐待だ』と、戦犯として裁かれたことがあります。いまでも、ごぼうを食べるのは日本だけでしょう。中国でも食べられていません」(下方さん・以下同)

 たんぱく質を筆頭に、栄養の宝庫である「卵」は世界中で食べられている。だが、生のまま食べる文化は日本のみ。海外で卵かけご飯は厳禁だ。

「海外で卵を買うと、鶏のふんや羽根がついたままで不衛生。生で食べるとサルモネラ菌による食中毒を起こしてしまう。日本人が安心して生卵を食べられるのは、消毒してから出荷されているおかげです」

 きのこの王様である「まつたけ」も、日本と世界では扱いに大きな差がある。

「欧米では、まつたけの香りは『履き古した靴下のにおい』といわれています」

「わさび」も、外国人には耐えられない味だという。

「わさびは殺菌作用があって生ものに欠かせない食材です。寿司の普及とともに世界に広まりましたが、苦手な外国人は多い。辛いものが大好きなネパール人に食べさせたところ、『なぜ、こんなに辛いものを食べるんだ』と驚かれました。唐辛子のヒリヒリした辛さと違って、鼻にツンと抜けるあの刺激は日本人しか理解できないようです」

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン