ライフ

海外で拒否反応を示される食材 ごぼう、卵の生食、まつたけ、わさび、馬肉

(写真/Getty Images)

フランスではかきを「生」以外で食べるのはご法度(写真/Getty Images)

 海外で生活をした経験がある人なら、日本では好まれているのに海外では見向きもされない食材の存在に驚いたことがあるはず。例えば大豆。今でこそ海外でも大豆が人気だがが、以前は長らく「家畜の餌」という認識だった。

 さらに「野蛮」「グルメじゃない」などの理由から、外国人が拒否反応を示す日本の食べ物はまだまだある。代表的なのは「ごぼう」。外国人から見れば「木の根っこ」にしか見えないのだ。名古屋学芸大学健康・栄養研究所所長の下方浩史さんが言う。

「第二次世界大戦中にアメリカ人捕虜にごぼうを食べさせた日本人が、『木の根っこを食べさせるなんて、虐待だ』と、戦犯として裁かれたことがあります。いまでも、ごぼうを食べるのは日本だけでしょう。中国でも食べられていません」(下方さん・以下同)

 たんぱく質を筆頭に、栄養の宝庫である「卵」は世界中で食べられている。だが、生のまま食べる文化は日本のみ。海外で卵かけご飯は厳禁だ。

「海外で卵を買うと、鶏のふんや羽根がついたままで不衛生。生で食べるとサルモネラ菌による食中毒を起こしてしまう。日本人が安心して生卵を食べられるのは、消毒してから出荷されているおかげです」

 きのこの王様である「まつたけ」も、日本と世界では扱いに大きな差がある。

「欧米では、まつたけの香りは『履き古した靴下のにおい』といわれています」

「わさび」も、外国人には耐えられない味だという。

「わさびは殺菌作用があって生ものに欠かせない食材です。寿司の普及とともに世界に広まりましたが、苦手な外国人は多い。辛いものが大好きなネパール人に食べさせたところ、『なぜ、こんなに辛いものを食べるんだ』と驚かれました。唐辛子のヒリヒリした辛さと違って、鼻にツンと抜けるあの刺激は日本人しか理解できないようです」

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン