芸能

くすぶる吉本芸人を救った「有吉再生工場」が取っ払う“事務所の壁”

自らも浮き沈みを経験してきたからこそ

自らも浮き沈みを経験してきたからこそ

  有吉弘行がMCを務める『有吉の壁』(日本テレビ系)からブレイク、あるいは再ブレイクを果たした芸人は多い。チョコレートプラネット、シソンヌ、とにかく明るい安村、もう中学生、パンサーらが代表格だが、彼らには共通点がある。いずれも吉本興業の東京本社に所属し、しかもNSC(吉本総合芸能学院)東京校の出身なのだ。それは偶然ではないと、吉本の関係者が語る。

「『有吉の壁』はくすぶっている東京の吉本芸人にチャンスを与えてくれていて、吉本芸人の間では『有吉再生工場』と呼ばれるほどの影響力があります。

 そもそも吉本では、1期生のダウンタウンから連なる大阪NSC出身の漫才コンビこそが保守本流です。近年では、大阪ローカルで地力をつけながら、M-1で名を上げ、東京に進出しひな壇からMCへとステップアップしていくという方程式が出来ていた。麒麟、フットボールアワー、千鳥、かまいたちまで、みなその系譜です。

 それに対して、東京NSCの出身者は、漫才師よりもコント師のほうが多い。彼らはそれぞれ個性的で実力もありますが、ひな壇における団体芸などが苦手なため、吉本が制作に絡むタイプのバラエティにはなかなかハマりづらい。コント師として高い評価を得ながらブレイクしきれなかったチョコプラ、シソンヌ、一発屋としてブーム収束後は再浮上のきっかけがなかった安村、もう中、みんなそうです。それが、『有吉の壁』というミニコント形式の番組で、思う存分、真価が発揮され、ブレイクにいたりました」

 なかでも「『有吉の壁』に救われた」と関係者が口を揃えるのが、パンサーである。売れっ子の印象が強い彼らだが、意外にも一時期は追い込まれていたという。

「パンサーは尾形(貴弘)さんが天然熱血キャラとしてバラエティに呼ばれていたものの、トリオとしてはハナコ、四千頭身といった第7世代に押され気味でしたし、吉本のなかでも、霜降り明星、ミキ、EXITがプッシュされており、微妙な立場でした。

 それが、2020年4月に『有吉の壁』がレギュラー化されると、それまで目立たなかった菅(良太郎)さんのネタ作りのセンスが高く評価されるようになりました。また優等生キャラだった向井(慧)さんの弱点が大喜利であることに有吉さんが目をつけ、いじることで親近感を持たれるようになったことも大きい。トリオとしてもバランスが良くなりました。

 菅・向井の2人がチョコプラと組んだ番組初のユニットの鼻詰まりバンド(美炎-BIEN-)がCDデビューしたり、4月からは向井さんのラジオ番組が始まるなど快進撃が続いています。パンサーの3人は『有吉さんのおかげ』と公言していますが、実際、いくら感謝してもしきれないでしょう」(同前)

関連キーワード

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン