国際情報

ウクライナの善戦 背景に「民間人と軍隊がネットで情報共有する戦い方」

(GettyImages)

プーチン大統領を批判するデモが世界中で行われている(写真/GettyImages)

 複数のSNSを使ってキエフから発信を続けているウクライナのゼレンスキー大統領。軍事力では圧倒的に劣るウクライナがロシアを相手に善戦しているのは、SNSを駆使したハイブリッド戦争を効果的に仕掛けているからとされる。桜美林大学リベラルアーツ学群教授の平和博さんが説明する。

「一般的に、戦争は軍隊が大砲や戦車などで相手国に攻め込むイメージですが、ハイブリッド戦争は、通常の軍隊に加えてSNSによる情報戦やサイバー攻撃を仕掛けます。具体的には、フェイクニュース(偽情報やデマ)を広げることで相手を混乱させたり、敵兵の戦闘意欲を下げたりする。フェイクニュースやサイバー攻撃、武力攻撃を連携して相手方に攻め込んでいくのがハイブリッド戦争です」

 戦時中にSNSを駆使するのは国の首脳に限らない。ウクライナでは、民間人たちがSNSを武器に侵略者に立ち向かっている。

 戦闘が激化する地域では、ウクライナ市民がロシア軍の戦車や部隊の位置をSNSアプリの「テレグラム」を使って送信し、その情報をもとにウクライナ軍が軍事作戦を立てる。市民と軍隊がネットで連携して、祖国を守っているのだ。作家・批評家の西村幸祐さんが解説する。

「民間人と軍隊がネットを介して情報を共有するのは、21世紀の新しい戦い方です。軍隊とは別の民兵組織があるので、市民は登録すれば武器を手に入れられます。こうしたことも市民と軍の情報交換がスムーズにできる理由です。敗戦後にアメリカ占領軍が書いた憲法9条で正式な軍隊が持てない日本にとって、大いに参考になります」

 ウクライナの人々は、SNSを用いて国外へのアピールも積極的に行っている。

「ロシアの侵攻後、キエフの防空壕で7才の少女が『アナと雪の女王』の主題歌を切々と歌い上げ、周囲の避難民が涙する映像がツイッターで広がり、『世界中があなたたちを応援しています』とのメッセージが寄せられました。またウクライナ在住のインフルエンサーは、TikTokに破壊された街並みやガソリンスタンドに押しかける車の行列などの映像を次々に投稿しています」(軍事ジャーナリスト)

 西村さんが指摘する。

「ウクライナの人々はSNSで戦地の状況を伝え、国際世論を味方につけています。ウクライナが善戦しているのは、こうした市民の力が大きい」

 戦場における市民のSNSが注目されるようになったのは、ここ10年ほどのことだ。

 2014年7月にイスラエルがパレスチナ・ガザ地区に侵攻した際、そこに住む当時16才のパレスチナ人の少女ファラ・ベイカーさんは、空爆の恐怖や被害の実態を覚えたばかりの英語で繰り返しツイートした。

《家の近くで激しい空爆が続いている。今回の戦争が始まって以来、最悪の夜》
《爆音にはもう耐えられない。耳が聞こえなくなる》

 こうしたツイートが世界中の共感を集めて、イスラエルの国際的な立場を脅かすようになった。彼女の功績は「わずか140字で戦場を変えた」と評された。

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン