スポーツ

羽生結弦、『FaOI』で恩人と最後の共演チャンス 6月公演後に大きな決断か

(写真/アフロ)

6月に有終の美となるか(写真/アフロ)

 23時36分──羽生結弦(27才)のファンは、時計の針が指す方向に不安を募らせた。3月16日、宮城県と福島県で最大震度6強の揺れを観測した地震は、死者4人のほか東北新幹線が脱線するなどの甚大な被害をもたらした。

 発生時刻の23時半過ぎは、羽生がいつも地元の「アイスリンク仙台」で練習に取り組んでいる時間帯だ。そのスタイルは北京五輪後も変わらず続いていた。22時半頃に父親が運転する車でリンクを訪れ、帰路につくのは、決まって日付をまたいだ25時頃。

「彼は右足首を負傷した五輪後も、これまでと同じように深夜にアイスリンクを貸し切りにして、ひとりで練習を続けてきました。今回の地震で、11年前のフラッシュバックが起きていないかが心配でなりません」(仙台のスケート関係者)

 2011年3月11日、東日本大震災のまさにその瞬間、当時16才だった羽生はこのリンクの上にいた。氷が波打つほどの激しい揺れに、スケート靴を履いたまま這いつくばって避難したという。アイスリンク仙台は壁が破損するなどの被害を受け、4か月もの間、営業を中止した。その後、羽生は自身の書籍の印税をすべて寄付するなど、リンク発展のために尽力してきた。

 今回の地震でも、リンクは一時休業を余儀なくされたが、幸い大きな被害はなく、22日に営業を再開した。だが、羽生の状況はいまのところ届いていない。

 羽生への影響が心配される一方で、明るいニュースも飛び込んできた。コロナ禍で中止が続いていた『ファンタジーオンアイス』(FaOI)の3年ぶりとなる開催が決定したのだ。公演は幕張、名古屋、神戸、静岡で行われ、公式サイトが3月18日に発表した出演スケーター第1弾には、ステファン・ランビエール(スイス)、ハビエル・フェルナンデス(スペイン)、ジョニー・ウィアー(米国)ら豪華メンバーが名を連ねた。

 出演者は順次発表される予定だが、今後最も注目されるのは、羽生の出場の可否だ。羽生とFOIの関係は長く、2010年の初参加以降、2016年にけがを理由に見送った以外は、出演を欠かしていない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト