国内

女性の服選び、男性が基準なんておかしい!『エージェント物語』が描いた服装のジェンダー問題

『エージェント物語』

『エージェント物語』でもジェンダーに関する話題がテーマに(「Netflix」HPより)

 日本では政治家などからジェンダー差別を容認したかのような発言が繰り返されている。やはり日本のジェンダー平等に対する意識は遅れているのか――。最近、女性の服装においてもそう感じた出来事があったと作家・甘糟りり子さんが振り返る。

 * * *
 Netflixの『エージェント物語』がおもしろくて、シーズン4まで一気に見た。芸能事務所を舞台にしたフランス発のコメディだ。

 はなやかそうに見える仕事の裏側や人間関係の絡み合いが興味深いのだが、毎回さまざまな俳優が本人役で出てくるのもこの作品の魅力。イザベル・ユペールやシャルロット・ゲンズブール、ジャン・レノにシガニー・ウィーバーなどがみんなカメオ出演していて、物語やキャラクター設定が「いかにもありそう」なのだ。

 シーズン2ではジェリエット・ビノシュ出演の回が印象的だった。舞台はカンヌ映画祭。ジュエット・ビノシュ演じるジュリエット・ビノシュは映画祭に出席する際の衣装を試着する。身体にぴったりした装飾過多のドレスを用意されたが、ビノシュがあまり乗り気ではない。けれど、デザイナーは着飾ることができるのは「女性の特権です」。「そうかしら?」とビノシュ。

 挙句、試着中に背中のファスナーが壊れてしまう。ほっとして着心地のいいアルマーニのタキシードを選び直すのだが、直前になって映画祭の総監督を務める女性からNGを出されてしまう。別の女優(あえて俳優ではなく、女優と書きますね)もまたタキシードで出席するから。総監督は「女性が二人、同じような格好で舞台に並ぶのは困るわ」という。男性は全員タキシー度でもそんなことはいわれないのに。仕方なく、直ってきた装飾過多のドレスと15センチのハイヒールで映画祭に出席することになる。

 この回は女優がいかに俳優でなくて「女」優として扱われているかが物語になっていた。ビノシュはそれに抵抗する。ドタバタな流れがおかしくてゲラゲラ笑いながら見ていたが、最後のスピーチには心をぎゅっと掴まれ、涙が出そうになった。ネタバレになってしまうので詳しくは書かないけれど、すばらしい場面。ぜひ、Netfilixで見て欲しい。私もこんなふうに、自分の場所から訴えていきたいと思った。少しでもいいからね。

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン