ビジネス

改札なしの「信用乗車」は広がるか 広島電鉄はICリーダー活用で全扉乗降も

路面電車に革命を起こしたとまで言われる広電5000形グリーンムーバー。低床車は、路面電車のスタンダードになりつつある(2012年撮影:小川裕夫)

路面電車に革命を起こしたとまで言われる広電5000形グリーンムーバー。低床車は、路面電車のスタンダードになりつつある(2012年撮影:小川裕夫)

 ヨーロッパ旅行で鉄道を利用したとき、改札がないことに驚いた経験がある人もいるだろう。それでも皆が切符をきちんと購入しており、乗客が乗車券を自己管理するこの方式は「信用乗車」と呼ばれる。ライターの小川裕夫氏が、ICリーダーの積極的導入で事実上の信用乗車での運用が広まりつつある広島電鉄についてレポートする。

 * * *
 東京都を走る都電荒川線や東急世田谷線、熊本県熊本市を走る熊本市電などは均一運賃制を採用している。つまり、一駅の移動だけでも、端から端まで乗り通しても一乗車分の運賃だけを支払う。

 こうした均一運賃制のメリットは、乗車時に運賃の支払いを済ませるので降車時に運賃を精算する必要がないことだ。運賃を先払いすれば、どの扉からでも降車できる。これなら通勤・通学のラッシュの時間帯でも乗降がスムーズになり、それが駅での停車時間を短縮させる。

 一方、乗車する距離に応じて運賃が高くなる距離制、乗車した区間に応じて運賃が変動する区間制といった運賃制度もある。そうした距離制・区間制を採用している鉄道で、駅で改札業務・運賃収受をしていない場合は、一般的に後ろから乗車して前から降車する際に運賃を支払うシステムを採用していることが多い。

 広島電鉄(広電)は、広島県の広島市・廿日市市を中心に路面電車やバスを運行する事業者として知られる。広電は約19.0キロメートルの軌道線と呼ばれる区間と、路面電車がそのまま乗り入れる約16.1キロメートルの鉄道線があり、これらを合わせると国内最大の路面電車ネットワークを有する。

 広電は単に広大な路線網を有するというだけではなく、先取的な取り組みで国内の路面電車事業者をリードしてきた存在でもある。

 例えば、広電は定時運行を確保するために広島県警と協力。県警は軌道内の自動車走行を禁じているほか、右折できる場所を限定。これらの施策により、路面電車の運行を阻害しない道路・交通のルールづくりが広まった。それまで道路(自動車)の邪魔者とされてきた路面電車だったが、広島では「路面電車が主役」という概念が定着する。

 また、広電は車両の改良にも積極的で、一昔前の「のんびり走る」といったイメージを覆した5000形を1999年に登場させている。

 5000形はグリーンムーバーという呼び名で市民に親しまれ、そのスタイリッシュでスピード感のある外観は鉄道ファンや観光客を魅了した。好評な声を集めたことを追い風に、2004年には後継車となる5100形が登場。5100形はグリーンムーバーmaxと呼ばれた。

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン