国際情報

プーチンを支える中国が“特別枠”キアヌ・リーブスを「抹殺」

ついに良心の呵責に耐えられなくなったか(AFP=時事)

ついに良心の呵責に耐えられなくなったか(AFP=時事)

 中国で一番人気のあるハリウッド・スターといえば、文句なくキアヌ・リーブス(57)だ。昨年11月には最新作「マトリックス レザレクションズ」が中国で上映を許可されたが、これは米中摩擦のなかで異例のことだった。中国で上映される外国映画は年間30本程度しかなく、マトリックスの前3作も許可されていない。北京冬季五輪のためだとか、キアヌの祖母が中国系だからだとか取り沙汰されたが、いずれにしても同シリーズはもともと海賊版で大人気だったから、中国の映画ファンは歓喜した。

 しかし、このたびそのマトリックスが「抹殺」された。劇場上映は中止され、動画配信サービスからも突然消えたのだ。同時にキアヌ主演作品19本の配信も止まったが、その露骨な手のひら返しの理由は明らかだ。ハリウッド関係者は口を揃えて「キアヌが3月3日、ニューヨークで開かれたチベット文化を守るチャリティ・イベントに参加したため」と言う。

 このイベントは、ダライ・ラマ14世の信奉者である著名な作曲家、フィリップ・グラスやリチャード・ギアらが1987年に創設した「チベット・ハウス・ニューヨーク」主催の音楽祭。「フリー・チベット」運動にとって重要な軍資金集めだ。今年もパティ・スミス、トレイ・アナスタシオ、ジェイソン・イズベル、イギー・ポップら錚々たるスターが出演した。ロシアによるウクライナ侵攻の真っただ中だけに、ウクライナ国民への支援と連帯のメッセージも相次ぎ、「ウクライナもチベットも大国によって領土と文化が踏みにじられている。許しがたい侵略だ」と、ロシアを支援する中国への批判も一層高まった。

 キアヌはそこで、ビートニク・カルチャーの教祖的存在だったジャック・ケルアック、アレン・ギンズバーグ、ニール・キャサディ3人が作った詩「ひな菊を摘め」(Pull My Daisy)を情熱的に朗読した。難解な詩だが、そこには反権力、反体制、反戦の静かな決意が流れている。ただし、これまでキアヌはこの運動に参加したことはなかったし、チベット支持を公言したこともない。中国ビジネスで大儲けする映画配給元のワーナー・ブラザーズからプレッシャーがあったことは想像に難くない。

 一体、キアヌに何が起きたのか。本人と親しい記者はこう語る。

関連キーワード

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン