国内

岡田晴恵氏「4回目接種は中身が大事。オミクロン株対応のワクチン確保を」

4回目接種の話も出てきているが岡田晴恵氏はどう考えるか

4回目接種の話も出てきているが岡田晴恵氏はどう考えるか

 最大36都道府県に及んだ「まん延防止等重点措置」が3月21日に解除され、「もう大丈夫」という空気が漂っている。しかし全国の感染者数はいまだ数万人に及び、テレビなどで新型コロナの解説を続ける白鴎大学教授の岡田晴恵氏は、「第6波は終わっていません」と警鐘を鳴らす。

 岡田氏は第6波を乗り越える方法として「PCR検査の拡大と十分な抗原検査キットの確保」「保健所の機能強化」「大規模集約医療施設の設置」をあげ、3つの柱に加えて、「治療薬」と「ワクチン」の5つが揃ってはじめて出口戦略が可能になるという。

「治療薬が承認されたことなどが報じられますが、検査して、陽性と診断されないと治療が開始できません。確保できる治療薬の量の問題もありますし、そもそも検査と医療体制が足りないなら、ありつけないでしょう」(以下「」内はすべて岡田氏)

 国内では3回目接種が進み、5歳から11歳の子供のワクチン接種も開始している。

「皆さんが3回目のワクチンを粛々と打たれていますし、私も3回目接種を済ませました。4回目接種の話も出てきていますが、ここは回数よりも中身が大事と思っています。

 ヨーロッパではオミクロン株のワクチンも出ていますが、日本で今打っているワクチンは武漢のウイルスに由来したワクチンです。回数ばかり言われていますが、それよりもオミクロン株に対応した最新のワクチンを国民に確保していただきたいと思います。もちろん、現行のワクチンでも打ったほうがいいとは思いますが、4回目には新しいウイルス株のワクチンが望ましい。また、長期的なデータもないので、お子さんの接種は慎重にと思います」

 これらの対策をせずに、感染者数が増えると、結局行き着く先はまた自粛、まん防、緊急事態宣言と繰り返し、経済が萎縮することになってしまう。目の前には「ステルスオミクロン」と呼ばれるオミクロンの変異株「BA.2」の存在も無視できなくなっている。

「想定よりもゆっくりではありますが、4月上旬に入れ替わると想定されています。感染力はより強くなっています。そうなると個人の感染防御では極めて難しい。同時に経済の停滞が厳しい状況もあるからこそ、これまで述べたような対策や備えと抱き合わせにして、経済を回すことが必要なのです。

 冷静かつ客観的に見て、世界中の流行状況から、これからまた新しい変異株が出る可能性は十分にあります。オミクロンが最後だとは私は思っていません。だからこそ、対策と抱き合わせでないと、“ウィズコロナ”にならないのです」

※週刊ポスト2022年4月8・15日号

関連記事

トピックス

坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ダークで魅惑的なミニーたちにやっと会えた!
板垣李光人と巡る東京ディズニーリゾート・ハロウィーン 3年ぶりに復活!
女性セブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン