国際情報

ロシア女性議員がかつて目論んだ「プーチン氏の遺伝子を全土で増殖」計画

エレーナ・ミズーリナ下院議員の発言は話題に(写真=SPUTNIK/時事)

エレーナ・ミズーリナ下院議員の発言は話題に(写真=SPUTNIK/時事)

 ロシアでは、熱狂的にプーチン大統領を支持する女性たちがいる。ロシア初の女性上院議長を務める与党「統一ロシア」のワレンチナ・マトヴィエンコ氏(72)は「現代ロシアの女帝」と称され、次期大統領候補とする見方もあった。今回のウクライナ侵攻でも上院議長として国会議決をスムーズに進め、プーチン氏を後方支援した。

 異彩を放つのは、同じく統一ロシアのエレーナ・ミズーリナ下院議員(67)だ。

《プーチン大統領の精子をすべてのロシア人女性に郵送し、妊娠させましょう。大統領のような健児の遺伝子を全土で増殖できれば、ロシアの未来は永久に安泰です》

 2014年のロシア議会で発したミズーリナ氏の衝撃の提案に議会は一時、騒然となった。ロシア政治が専門の中村逸郎・筑波大学教授が語る。

「他にもミズーリナ氏は、現代ロシア人の生殖活動の少なさに異を唱え、非生産的な自慰行為をしていないかカメラを設置して監視する法案を議会に提出したこともあります。逞しい子供を増やすため、健全な生殖活動を推進する狙いがあったと言われます」(中村氏)

 2013年にも同性愛者を厳罰に処すように求めるなどしたミズーリナ氏は、強烈な大統領支持者だ。なぜ、プーチン氏はそのような層に支持されるのか。

「マッチョな保守層から熱烈な支持を受けているのは、ロシア正教を基盤に“強いロシア”を模索するプーチン氏の思想に共鳴しているからだと考えられます。プーチン氏の女性観は、“良妻賢母を求め、女は男に尽くす”という保守的なロシア正教からの影響がみられます。

 実際にプーチン政権下では、2017年に家庭で夫が妻を殴っても初犯なら罪を免れる、通称『平手打ち法案』が成立しました。他にも同性婚を禁じる憲法の改正など、ロシアの伝統的な家父長的思想を推し進めているのです」(中村氏)

 ロシアにおいても反戦デモが広がる一方、今なおプーチン氏を支持する層もある。それはプーチン氏が自らの思想と合致する者を重用してきたからでもあるのだろう。

※週刊ポスト2022年4月8・15日号

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト