芸能

映画デビューのKoki,「驚くほど上手い」演技で「今後もオファー続く」の声

初主演映画が公開のKoki

初主演映画で存在感を見せたKoki,

 木村拓哉(49才)と工藤静香(51才)を両親に持つKoki,(19才)が映画初出演にして主演を果たした映画『牛首村』。興行収入ランキングでは初週から上位でのスタートを切り、評判は上々だ。SNSなどの口コミでは、怖さだけではない深みのある物語や、若手俳優中心の座組に称賛の声が上がっている。その中でも特に注目を浴びているのが、演技初挑戦となったKoki,。早くも“2世俳優”のイメージを払拭したKoki,について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 本作は、若者たちがとある村の秘密に迫り、やがて恐怖の渦に飲み込まれていくさまを描いたホラー作品。映画『呪怨』や『輪廻』など、数々の名作ホラーを生み出してきた清水崇監督(49才)による最新作だ。実在する心霊スポットにフォーカスした「恐怖の村」シリーズの第3弾となるもので、福岡の犬鳴峠が舞台の『犬鳴村』、富士の樹海を舞台とした『樹海村』に続き、今作では北陸地方「最の心霊スポット」とも言われる坪野鉱泉などを舞台に新たな恐怖映画を生み出している。

 あらすじはこうだ。ある心霊動画に自分と瓜二つの女子高生が映っているのを目にして驚愕する主人公・雨宮奏音(Koki,)。動画内の少女は同級生たちの度を越えた悪ふざけによって強引に“牛首マスク”を被せられ、廃墟内のエレベーターに閉じ込められてしまう。そこで映像は途切れるのだが、奏音はこれを境に胸騒ぎを感じるように。彼女の周りでは奇妙な現象が立て続けに起こり、何かに導かれるようにして動画の撮影地である坪野鉱泉へと向かうことになる。やがて奏音は自分に双子の妹がいることを知り、そして「牛首村」というおぞましい村の秘密にも迫っていく。

「恐怖の村」シリーズはこれまで、注目の若手俳優を主要な役どころに起用してきた。『犬鳴村』では三吉彩花(25才)や坂東龍汰(24才)、『樹海村』では山田杏奈(21才)に山口まゆ(21才)、神尾楓珠(23才)らが物語の中心に存在したのだ。今作でも、子役時代から活躍し続ける萩原利久(23才)と、ドラマ『最愛』(TBS系)や『ドクターホワイト』(カンテレ・フジテレビ系)など話題作への出演が相次ぐ高橋文哉(21才)がヒロインとともに恐怖に立ち向かう高校生役を好演。さらに、映画『ひらいて』での好演も記憶に新しい芋生悠(24才)が物語のカギとなる重要人物に扮している。次代を担う若手俳優が揃い踏み。そんなフレッシュな座組の中心に立っているのが、演技初挑戦のKoki,なのである。

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト