ライフ

誠実な医師を見つける方法 「任せなさい!」「大丈夫!」の言葉には要注意

(写真/Getty Images)

医師任せにせず、患者が情報収集することも重要(写真/Getty Images)

 体調を崩せば病院に行くのが当たり前。医師の手にかかれば必ず良くなるものと信じる人も多いはず。しかし実際には必ずしもそうではない。中には必要でない手術が行われる場合もあるという。では、どうすれば本当に必要な手術を誠実な医師のもと受けることができるのか。現役医師に匿名で語ってもらった。

【座談会に参加してくれた現役医師4名のプロフィール】
A夫(50才):大学病院の整形外科医。骨折から腰痛まで幅広く治療を行う。
B美(42才):総合病院の一般外科医。過去にがんの手術を多く経験している。
C男(57才):総合病院の消化器外科医。内視鏡手術を得意分野とする。
D太郎(46才):眼科クリニック院長。総合病院勤務の後、5年前に開業。

B美:不安なことは、まっすぐ担当医にぶつけてみるべき。質問した内容に対して、先生が詳しく説明してくれるなら、おそらく大丈夫です。一方で、『いいから任せなさい、大丈夫!』と一言で済ませようとする医師には注意した方がいい。細かい説明ができないほど知識をアップデートしていないか、患者と向き合おうとする誠実さがない証拠です。

A夫:ただ、外来診療中は次の患者さんも待っていて時間がないため、対応が難しい場合も多い。受付を通じてこういう件で話を聞きたいとアポイントをとってくだされば、私は対応しますね。

D太郎:そうそう、最近は口コミにも名指しで書かれちゃいますし、一昔前よりも横柄な態度の医師は減ったように思います。われわれには困りものですが(苦笑)、ネットの口コミは最近になって洗練されてきている印象で、実情に近いことが書かれるようになってきた。すべてをうのみにするのは危険とはいえ、患者さんが医師を探すときの参考にはなる。

C男:大腸や胃の病気の場合、口コミとともにチェックをおすすめしたいのが、日本内視鏡外科学会の『技術認定医』というリストにその医師の名前があるかどうか。これに載るためには執刀した手術の映像を学会に提出し、複数人で構成されるレビュアーの厳しい判定をくぐり抜ける必要があります。合格率30%前後の難しい試験なので、それをクリアした医師が提案する手術なら、受ける検討をしてもいい。

B美:患者さん自身が情報を集めることも重要です。自分の病気について知り、担当医についても知っておく。『先生にお任せします』という人ほど、結果にかかわらず、あとから不満が出やすい傾向があるように思う。

 * * *
 必要な手術だけを実力ある医師から受けたいもの。そのためには患者側も“見る目”を養う必要がありそうだ。

※女性セブン2022年4月7・14日号

医師が受けたくない手術リスト

医師の腕に左右される手術も

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン