ライフ

俳優・升毅が伝授!トマト嫌いを克服する「イタリアンごろっとサラダ」

バジルが香る爽やかドレッシングで野菜を楽しむ「イタリアンごろっとサラダ」

バジルが香る爽やかドレッシングで野菜を楽しむ「イタリアンごろっとサラダ」

『週刊ポスト』の連載「居酒屋ますや」で、大将をつとめる俳優・升毅は、自宅マンションの隣室を借りて、仲間たちと芝居の話をしながら酒が呑める『居酒屋ますや』を月2回ほど開催する料理好きだ。そんな升が野菜たっぷりの「イタリアンごろっとサラダ」を作ってくれた。その様子とレシピを今回、紹介する。

「トマトが苦手な『ますや』の常連に、トマトとモッツァレラチーズのサラダ『カプレーゼ』を作ったところ『美味しい、美味しい』と、見事に苦手を克服。そのカプレーゼの発展形として、野菜の種類を増やしたのがこのサラダです。具材はお好みで結構ですが、食感を楽しむために大ぶりに切ってください。味の決め手は粗みじん切りの玉ねぎの旨味が効いたドレッシングです」(升)

バジルが香る爽やかドレッシングで野菜を楽しむ「イタリアンごろっとサラダ」

■材料(2人分)
ブロッコリー…小房4コ、カリフラワー…小房4コ、きゅうり…1本、ミニトマト…6コ、ブラックオリーブ…5コ、モッツァレラチーズ(小粒)…10コ、玉ねぎ…1/4コ、バジルの葉…3枚

[ドレッシング]
オリーブオイル…大さじ4、白ワインビネガー…大さじ4、塩…小さじ1/2、粗びきこしょう…小さじ1/2

■作り方
【1】ブロッコリーとカリフラワーは小房に分け茹でる。きゅうりは乱切り、ミニトマトは半分に切る。ブラックオリーブは小口切りする。
【2】玉ねぎとバジルは粗みじん切りにする。
【3】ボウルに【2】と[ドレッシング]の材料を入れ、混ぜる。

ボウルに【2】と[ドレッシング]の材料を入れ、混ぜる

ボウルに【2】と[ドレッシング]の材料を入れ、混ぜる

【4】【3】のボウルにモッツァレラチーズと【1】を入れて和え、器に盛りつける。

【3】のボウルにモッツァレラチーズと【1】を入れて和え、器に盛りつける。

【3】のボウルにモッツァレラチーズと【1】を入れて和え、器に盛りつける。

【プロフィール】
升毅(ます・たけし)/1955年生まれ。東京都出身。近畿大学在学中に演劇を始め、1985年に演劇ユニット「賣名行為」を結成。1991~2002年は劇団「MOTHER」を主宰した。1995年に上京し、映画『八重子のハミング』(2017年)など出演作多数。

YouTubeで動画公開中。
https://www.youtube.com/channel/UC-DmGAqCEZMypBwgMncP1tQ

撮影/阿部吉泰

※週刊ポスト2022年4月8・15日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン