スポーツ

今季限りで退任の阪神・矢野燿大監督 開幕9連敗でファンから「途中解任」望む声

ベンチからは覇気が伝わってこない(時事通信フォト)

ベンチからは覇気が伝わってこない(時事通信フォト)

「伝統の一戦」で屈辱にまみれた。阪神が4月3日の巨人戦に敗れ、開幕から9連敗。1979年のヤクルトを抜いてセ・リーグのワースト記録を更新した。借金9も矢野政権でワーストと、光が見えない状況が続いている。

 2020、2021年と2年連続2位と頂点にあと一歩届かず、今季への期待が高まっていた阪神ファンの怒りも頂点に達している。矢野燿大監督は春季キャンプ前日に今季限りでの退任を表明しているが、ネット上では〈好きな選手を使い続ける矢野采配では無理。今からでも監督を代えてほしい〉〈個々の選手が頑張っているが、監督の采配が酷すぎる。途中解任すべきでは〉など辛らつな声が増えている。

 3月25日のヤクルトとの開幕戦で8-1の7点リードから大逆転負けを喫した試合が象徴的だった。先発の藤浪晋太郎は7回まで3失点の粘投で役割を果たしたが、8回以降に救援陣が炎上。1点リードの9回に登板した新守護神・ケラーが2発を浴びて3失点と打ち込まれた。ケラーは3月29日の広島戦でも1点リードの9回を抑えきれず途中交代し、サヨナラ逆転負け。早くも守護神の座を剥奪された。

 スポーツ紙デスクは「完全に負のスパイラルに入っている」と分析する。

「元々、投手力で勝ってきたチームで打線に大量得点は期待できない。そのため先発陣も窮屈な投球になり、1点を失うのを嫌がるあまりピンチを広げ、大量失点を招いてしまう。岩崎優が本来の調子でないなど、リードしている展開でも力のある救援陣がいないため守り切れません。打線は個々の数字を見ると決して悪くないが、迫力に欠ける。9連敗を喫した4月3日の巨人戦は6番・糸原健斗、7番・木浪聖也という並びでしたが、ともに長打がないので相手バッテリーは対処しやすい。

 今季はセ最小失策数ですが守備にミスが多いのは長年の課題で、本気で強化するつもりがあるのか疑問が残る。春季キャンプから佐藤輝明を三塁、右翼の掛け持ちで練習させて、大山悠輔も一塁、三塁、左翼の3ポジションを守らせていた。打線で主軸を担う2人は固定するべきですよ。1つのポジションでみっちり練習しなかったら必ずほころびが出る」

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト