芸能

川津明日香『3年A組』のフェイク役が話題作で主演の座を掴むまで

新ドラマ『モトカレ←リトライ』で主演に抜擢された川津明日香

新ドラマ『モトカレ←リトライ』で主演に抜擢された川津明日香

 注目の若手俳優・鈴木仁(22)と川津明日香(22)がダブル主演を務める新ドラマ『モトカレ←リトライ』が、MBSドラマ特区枠(木曜深夜24時59分~)で4月7日より放送される。同名の人気コミックが原作で、中学時代の失恋を引きずったまま大学生になった蜜(川津)が、その原因であるモトカレ・楓(鈴木)と偶然隣の部屋に住み始めたことで繰り広げられるラブストーリーだ。

「これまで漫画原作の役は演じたことがなかったので、私は“キラキラ系は通らないパターンだな”と諦めていました。正直最初は自信がありませんでしたし、蜜が高校生だった頃を演じるのはちょっと恥ずかしいです(笑)」

 そう笑顔で明かしてくれたのは、ヒロインの蜜役を務める川津。2020年に特撮ドラマ『仮面ライダーセイバー』(テレビ朝日系)に出演したことで一躍注目を集め、近年はグラビアに挑戦するなど活動の幅を広げている。本作で連続ドラマ初主演となるが、蜜の役作りにあたって「原作モノゆえの難しさを感じた」と語る。

「原作ファンの視聴者の方は漫画の名シーンを“ベース”に作品を観ると思うので、できる限り自分も役柄に寄り添いたいと思っています。とはいえ、見た目だって違うし簡単に近づけることはできない。でもせめて『告白シーン』のような印象的なシーンだけは、原作の顔と表情に近い演技をしたいと思っています。その役作りとして、蜜の原作の表情を切り抜いて台本に貼ることでセリフと表情を少しでもリンクさせられるように意識しました」(川津)

「モデル一本では食べていけない」

 今年2月に22歳になった川津は、2014年に「ミスセブンティーン2014」のグランプリに選ばれたことで芸能界入り。『セブンティーン』の専属モデルとして活躍するが、2018年に卒業したことをきっかけに女優業に対して真剣に考えるようになったという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン