国内

小室圭さんの試験前に動いていた!眞子さん「世界最高峰美術館」で活動開始

ニューヨークでの眞子さん小室さん

ニューヨークで暮らす眞子さん小室さん。眞子さんは活動開始

 やはり、ここが本命なのかもしれない。米国ニューヨークで暮らす小室眞子さん(30才)が、現地のメトロポリタン美術館(通称MET)が運営するウェブサイトに解説文書を寄稿していたことが、明らかになった。

 今年2月3日から「Mako Komuro」のクレジットで、ひっそりと公開されていた文書は、明治から昭和に活躍した沖縄出身の彫刻家・画家の山田真山の作品解説。『「發心 出家」一遍聖絵の場面より』という掛け軸に描かれた、絵画作品についてだ。

 昨年夏に小室圭さん(30才)との結婚と、ニューヨークで新婚生活を始めることを発表したときから、学生時代に身につけた美術・芸術に関する専門知識を生かして、現地の美術館や博物館に勤務するのではと、噂されてきた。

 ある皇室ジャーナリストは「ニューヨークにはアメリカ自然史博物館やニューヨーク近代美術館(MOMA)、グッゲンハイム美術館など、世界的に有名な施設が幾つもあります。中でも、ゴッホの『麦わら帽をかぶった自画像』やフェルメールの『少女』などの超名作が約200万点も揃うメトロポリタン美術館は、勤務先候補の大本命に挙がっていました」と話す。

 何といっても、METは皇室とは縁が深く、かつ眞子さんの能力を最も生かせる場所だと見られている。

【1】1994年の上皇ご夫妻(当時は天皇皇后両陛下)の米国訪問時、このMETで歓迎委員会主催の晩餐会が催された。

【2】MET日本美術キュレーターのジョン・T・カーペンター氏の存在。今回の眞子さんの解説文書の翻案者である同氏は、眞子さんが名誉総裁を務めた「国際陶磁器フェスティバル美濃」に2017年、審査員として来日。旧知の間柄だった。

【3】元駐日米国大使キャロライン・ケネディ氏の存在。昨年12月の英国のタブロイド紙『デイリーメール』は、眞子さんが手土産を持ってニューヨークの高級マンションを訪れる様子を報じた。同マンションはケネディ氏も住んでおり、記事ではケネディ氏のもとを訪れたのではないか、とも推測されていた。ケネディ氏はMETへの勤務歴があり、相談に乗ってもらった可能性も指摘されている。

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン