芸能

女流落語家が活躍「男性にない発想の転換」「男社会に飛び込む覚悟」が要因

林家つる子

女性噺家として注目の林家つる子

 古典を女性目線の話にしたり、主人公の奥さん目線で語ったり……最近、女流落語家の活躍が目覚ましい。『笑点』(日本テレビ系)でおなじみの落語家・林家たい平(57才)は、その変化を、次のように語る。

「落語の登場人物はどうしても男性が多いから、これまでの女性噺家は、頑張って“男”を演じていた部分があったかなと思うんです。

 ところが、いまはあえてそうせず、自然体で落語と向き合っている噺家が多く、お客さん側も自然に受け入れるようになってきたと感じますね。

 以前は女性のせりふが多い演目を選ぶことも多かったけれど、本来は男性しか出てこない演目に女性を登場させてすごく面白くしている噺家もいます。男の噺家にはない発想の転換がありますよね」

柳亭こみち

柳亭こみち

 その過程には、落語界の意識の変化もあるという。

「ひと昔前なら『女性に落語は難しい』と、弟子入りを認めない師匠がたも多かったけれど、ずいぶん変わりました。それはやっぱり、彼女たちが真摯に落語に打ち込む姿を目の当たりにしていることが大きい。とにかく、落語家を目指す女性たちは、落語が好きでたまらない人ばかり。圧倒的な男社会にあえて飛び込んでくる時点で、彼女たちの覚悟は相当なものだと思う。

 明確な目標があるから、つらい修業も乗り越えられる強い気持ちがある。テレビのADさんもそうだけど、女性の方が男性より根性があるのよ、男はみんなやめちゃうもん(笑い)」(たい平)

 演じ手だけでなく女性の聴き手も増えている。

「これまでも落語好きの女性はたくさんいらっしゃいましたが、二ツ目の落語ユニット『成金』【*】のブレークで、新たな女性客が増え、寄席の半分以上が女性だったこともありました」と言うのは、落語芸術協会の桂奈保子さんだ。たい平によると「平日の落語会になると、6〜7割は女性ということもある」という。

【*成金は、2013年に二ツ目(真打の下の階級)の落語家・講談師11人で結成。毎週金曜の夜に落語会を開き、話題に。メンバーの神田伯山(当時松之丞)、柳亭小痴楽(こちらく)、桂宮治などのスターを生み出した。2019年、小痴楽が真打に昇進したことで解散した】

取材・文/佐藤有栄

※女性セブン2022年4月21日号

三遊亭遊かり

三遊亭遊かり

立川こはる

立川こはる

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト