ライフ

日本の殺人事件の半数以上は「親族間」 悲劇を防ぐためにできることは何か

『ウィズコロナ時代に後悔しない 暮らしの新常識』より

『ウィズコロナ時代に後悔しない 暮らしの新常識109』より

 令和2年版(2020年版)警察白書によると、2019年に検挙された殺人事件の「被疑者と被害者の関係」で最も多かったのは「親族」(475件、54.3%)だった。次いで多かったのが「知人・友人」で189件、21.6%。

 日本の殺人事件は全体として減少傾向にあるが、その内訳を見てみると半数以上が親族間で発生している。「喧嘩するほど仲が良い」とはよく言ったものだが、それも死語となりつつある時代になっているのかもしれない。

 コロナで激変した社会を生き抜くために役立つ「知恵」や「情報」をまとめた書籍『ウィズコロナ時代に後悔しない 暮らしの新常識109』(小学館)では、親族間殺人に関するデータをこう分析している。

 日本における殺人事件の発生件数は、諸外国と比較して非常に少なく、治安は非常に良いという評価は揺るがない。しかし、発生した事件の内訳を見ると、近年では親族間の殺人が過半数を超える状態が続いている。

 長期間にわたる老老介護に疲れ果ててしまった、将来に絶望したといった理由で殺人に発展するケースや、日常的な肉体的・精神的DVで追い込まれた末の殺人など、親族間殺人の中でも3割以上が配偶者殺人だ。

 前述の警察白書によると、2019年に起きた親族間殺人で検挙されたのは、「配偶者」が158件、33.3%で最多だった。「親」131件(27.6%)、「子」107件(22.5%)と続くことから、家庭という“密室”が事件の舞台になっていることがうかがえる。

 また、意外なことに男女比はおおよそ半々となっている。長引くコロナ禍は、さらに多くの悲劇を生んでしまう要因になり得る可能性をはらんでいる。ちょっとしたきっかけでいつ自分が被害者に、はたまた加害者になるかわからない時代なのだ。

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン