ライフ

日本の殺人事件の半数以上は「親族間」 悲劇を防ぐためにできることは何か

『ウィズコロナ時代に後悔しない 暮らしの新常識』より

『ウィズコロナ時代に後悔しない 暮らしの新常識109』より

 令和2年版(2020年版)警察白書によると、2019年に検挙された殺人事件の「被疑者と被害者の関係」で最も多かったのは「親族」(475件、54.3%)だった。次いで多かったのが「知人・友人」で189件、21.6%。

 日本の殺人事件は全体として減少傾向にあるが、その内訳を見てみると半数以上が親族間で発生している。「喧嘩するほど仲が良い」とはよく言ったものだが、それも死語となりつつある時代になっているのかもしれない。

 コロナで激変した社会を生き抜くために役立つ「知恵」や「情報」をまとめた書籍『ウィズコロナ時代に後悔しない 暮らしの新常識109』(小学館)では、親族間殺人に関するデータをこう分析している。

 日本における殺人事件の発生件数は、諸外国と比較して非常に少なく、治安は非常に良いという評価は揺るがない。しかし、発生した事件の内訳を見ると、近年では親族間の殺人が過半数を超える状態が続いている。

 長期間にわたる老老介護に疲れ果ててしまった、将来に絶望したといった理由で殺人に発展するケースや、日常的な肉体的・精神的DVで追い込まれた末の殺人など、親族間殺人の中でも3割以上が配偶者殺人だ。

 前述の警察白書によると、2019年に起きた親族間殺人で検挙されたのは、「配偶者」が158件、33.3%で最多だった。「親」131件(27.6%)、「子」107件(22.5%)と続くことから、家庭という“密室”が事件の舞台になっていることがうかがえる。

 また、意外なことに男女比はおおよそ半々となっている。長引くコロナ禍は、さらに多くの悲劇を生んでしまう要因になり得る可能性をはらんでいる。ちょっとしたきっかけでいつ自分が被害者に、はたまた加害者になるかわからない時代なのだ。

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト