ライフ

藤井聡太、永瀬拓矢、高見泰地、深浦康市…10年前、小学生の大会で彼らは出会っていた

第一線で活躍する棋士たちが、指導棋士や審判として参加していた

第一線で活躍する棋士たちが、指導棋士や審判として参加していた

 5つのタイトルを保持し、通算勝率8割超えという驚異の数字を誇る天才棋士・藤井聡太竜王(19)と彼の研究パートナーであり、将棋に対するあまりにストイックな言動から“軍曹”の異名を持つ永瀬拓矢王座(28)。今でこそ共に将棋界を牽引する存在としてライバル関係にあるが、10年前、2人は大会参加児童と指導棋士というかたちで思いがけず出会っていた──。

 舞台は2012年1月、東京・神保町の小学館本社の裏にある一ツ橋センタービルの12階で開催された小社主催の「第9回小学館学年誌杯争奪全国小学生将棋大会」。応募者の中から各学年抽選で選ばれた32人が対局し、最終的には各学年優勝者のトーナメント戦により全体の1位を決める大会で、倍率5倍という人気イベントだった。

 9歳の藤井少年は小学3年生の部の抽選に当たり、母親とともに会場を訪れた。対する永瀬王座(当時は四段)は、他学年の指導棋士として会場に招かれていた。小学館社員として大会運営にあたっていた同社OBの中原康氏はこう話す。

「もともと学年誌『小学五年生』で将棋漫画を連載していたこともあり、子供たちに将棋を普及させたいという思いがあって開催していました。トーナメント形式なので、負けると手持ちぶさたになってしまう子供たちが出てくる。そこで、子供たちが『会えて嬉しい』と思えるような人気棋士の方に、指導に来てもらっていたんです。そのうちの1人が、永瀬さんでした。

 実は、永瀬さんはこの学年誌大会の参加者から初めてプロになった棋士なんです。学年別の決勝トーナメントで負けていた永瀬さんがその後プロになり、第9回の大会では指導棋士として藤井少年と同じ対局会場に居合わせ、いまや王座として藤井さんと一緒に研究に励んでいると思うと感慨深いですね」

 この時、会場にいたのは永瀬王座だけではない。“超豪華”な顔ぶれが勢揃いしていたのだ。

関連記事

トピックス

黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子 “破壊力抜群”水着ショット公開はレギュラー番組激減への反転攻勢か
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン