ライフ

「完全にゼロになる状態はない」耳鳴り 食生活や運動で9割程度まで抑えられる

耳の構造と耳鳴りの仕組み

耳の構造と耳鳴りの仕組み

 自分の体が不調のサインを出していても、騙し騙し過ごせるのは若いうちだけ。歳をとって身体機能が全体的に低下すると、不調サインは病へと進んでいく。やっかいなのは、自分で病の重篤さに気づけないことだ。

 とくに耳で起きる病気は、不快感が大きいわりに「命に別状はないだろう」「そのうちなんとかなる」と軽視しがち。だが、五感に関わる病気は確実にQOL(生活の質)を落とし、次なる病を連鎖的に引き起こす可能性が高い。耳の代表的な病気である「耳鳴り」について解説する。

 川越耳科学クリニック院長で埼玉医科大学客員教授の坂田英明氏によると、耳鳴りは、実際には鳴っていない「キーン」「ジー」といった音が 耳から離れない状態。耳の機能が低下し、脳でノイズを 拾ってしまうことによる難聴の一種だという。

誰もが経験済み内耳からくる耳鳴り

 耳鳴り未経験者は、この世の中にほぼ存在しない。静かな環境では「シーン」という音を感じ、疲れたときにだけ「キーン」と高音が聞こえてくるのは、一般的な耳鳴りである。ただ、常に「ジージー」「キーン」といった音が耳から離れない場合、対策を講じる必要が出てくる。坂田氏は語る。

「内耳が機能している人なら、聴力を失った状態でも耳鳴りは起こるもの。だから、耳鳴りが完全にゼロになる状態はありえません。とはいえ、耳鳴りで悩んでいる人は、気にせず生活できるレベルまでの改善が望めます」

 急激な改善は難しいが、苦痛を取り除くステップを少しずつ踏んでいきたい。

ケアをあきらめず認知機能低下を防ぐ

 ときに「耳鳴りは治らない病気だから、あきらめなさい」と言う医師もいるが、前出・坂田氏はこう提唱する。

「あきらめることなく、耳鳴りのボリュームを下げる努力をするべきです」

 耳鳴りは、食生活や運動で9割程度まで抑えられる可能性があるというのだから心強い。逆に、中年期の耳鳴りを放置した結果、「難聴悪化と認知症が同時発症」「難聴によるコミュニケーション障害で認知機能低下」となる場合もある。 なお、耳でなく脳に起因する耳鳴り(頭鳴り)もあり、そちらは腫瘍や脳過敏が疑われる。耳にいい生活を送ってから1か月ほど経っても改善されなければ、病院へ行こう。

取材・文/山本真紀

※週刊ポスト2022年4月22日号

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン