ライフ

渋谷川と多くの支流があった「渋谷の暗渠」をさんぽ旅 街の発展をたどる

新宿御苑 下の池/渋谷川は昭和30年代に上流部が暗渠化された。新宿御苑などに水源を持ち、現在も御苑内の「下の池」付近で源流の一部が見られる(※開園状況は公式ホームページで要確認)

新宿御苑 下の池/渋谷川は昭和30年代に上流部が暗渠化された。新宿御苑などに水源を持ち、現在も御苑内の「下の池」付近で源流の一部が見られる(※開園状況は公式ホームページで要確認)

 道路などによって蓋をされてしまった河川や水路の痕跡を「暗渠」と呼ぶ。東京には、そんな暗渠が無数にある。暗渠研究の第一人者・本田創さんに、川の流れる町だった渋谷を案内してもらった。

「1本の暗渠化された川をたどると、東京の街の発展がわかることが面白いですね。東京の暗渠のシンボル的な存在が渋谷川です。裏原宿界隈のキャットストリートがかつては渋谷川だったことや、都心の新宿御苑や明治神宮に水源を持つことは意外と知られていません」(本田さん)

 渋谷川は新宿御苑内の源流から、いくつもの支流を集めて渋谷区、港区を流れ(港区内は古川と呼ぶ)、東京湾に注ぐ全長約11キロの川だ。暗渠になっているのはそのうち、JR渋谷駅以北の上流約4キロの区域。暗渠化前は、渋谷駅前付近に宮益水車があるなど流量豊富な川だったが、東京五輪前年の昭和38(1963)年に宮益橋付近から暗渠化されて下水道幹線になり、川の姿は消え、地上では開発、都市化が加速した。

 渋谷川最大の支流である宇田川は1960年代前半に全域が暗渠化された。宇田川に合流していた河骨川は唱歌『春の小川』のモデルにもなった川だが、1964年に暗渠化され、源流の一つだった山内侯爵邸の湧水池の跡付近には現在、マンションなど建物が密集している。

 いずれの暗渠にも川が流れていたことを示す痕跡や川筋の名残があり、それらを探しながら歩くのは探検のようで楽しい。

【プロフィール】
本田創(ほんだ・そう)/1972年生まれ、東京都出身。小学生時代に祖父から古い東京区分地図をもらったのをきっかけに暗渠の探索に目覚め、「暗渠者」として活動を続ける。著書に『東京暗渠学』、編著に『東京「暗渠」散歩』など。

撮影/小倉雄一郎 取材・文/上田千春

モノクロ写真/『渋谷の記憶 写真でみる今と昔』(渋谷区教育委員会)より

※週刊ポスト2022年4月22日号

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン