ライフ

脳に伝わる痛みの信号を変え、疼痛を軽減させる「SCS療法」

脊髄刺激療法(SCS)とはどんな治療法か(イラスト/いかわ やすとし)

脊髄刺激療法(SCS)とはどんな治療法か(イラスト/いかわ やすとし)

 脊柱管狭窄症など脊髄の疾病は、治療しても慢性疼痛が残ることがある。手術しても痛みは軽減せず、生活の質の低下が著しい。痛みは脊髄を通り脳に伝わるが、現在はそれを途中で別の信号に変えて痛みを軽減させる脊髄刺激療法(SCS)が行なわれている。効果がなければ中止できる上、デバイスの発達や刺激法の改良で、慢性疼痛患者の痛みの軽減率が向上している。

 脊柱管狭窄症や脊髄損傷などによる痛みは、痛みの信号が脊髄を通り脳に伝わって初めて“痛い”と認識される。

 その場合、薬物療法や手術などが行なわれるが、治療しても痛みが残る難治性の慢性疼痛になると生活に支障が出て就労困難に陥ることも。

 こうした難治性慢性疼痛に対する治療法として広がりを見せているのが、脊髄刺激療法(SCS)だ。この治療は欧米で40年以上前から実施、全世界で約35万人以上に施術されているが、日本では9000人程度でしかない。

 岩井医療財団稲波脊椎・関節病院(東京都品川区)整形外科の金子剛士医師に聞いた。

「難治性の慢性疼痛は病態が十分に解明されておらず、診断や治療が困難な症例も多く存在します。私は整形外科医として主に脊髄の治療を行なってきましたが、手術で構造を修正しても痛みの軽減に繋がらないこともありました。そのため神経に介入しなければ治療にならないと考え、SCS療法の臨床研究を始めたのです。そのSCSとは脊髄と脳の間でやり取りされる痛みの信号を別の信号に変え、痛みを軽減させる治療です。効果を確認できなければ止めることもできます」

 治療は脊髄の硬膜外にリード線を留置し、ペースメーカーのような形の神経刺激装置(ジェネレーター)を植え込み、外からコントローラーで通電刺激を行なう。通常は局所麻酔でリード線を入れ、電気刺激を実施するトライアル後に痛みの軽減が確認できた時点で、本体のジェネレーターを植え込む。

「日本ではSCSは1992年に保険収載されています。ただ当時のリード線には電極が1極しかなく、少しでもズレると痛みが軽減しないケースもあり、それが普及してこなかった大きな原因でした。近年では電極が8極のリード線が開発され、しかも2本植え込み、計16極で刺激可能になったのです。結果、70~80%で効果を実感できています」(金子医師)

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン