ライフ

脳に伝わる痛みの信号を変え、疼痛を軽減させる「SCS療法」

脊髄刺激療法(SCS)とはどんな治療法か(イラスト/いかわ やすとし)

脊髄刺激療法(SCS)とはどんな治療法か(イラスト/いかわ やすとし)

 脊柱管狭窄症など脊髄の疾病は、治療しても慢性疼痛が残ることがある。手術しても痛みは軽減せず、生活の質の低下が著しい。痛みは脊髄を通り脳に伝わるが、現在はそれを途中で別の信号に変えて痛みを軽減させる脊髄刺激療法(SCS)が行なわれている。効果がなければ中止できる上、デバイスの発達や刺激法の改良で、慢性疼痛患者の痛みの軽減率が向上している。

 脊柱管狭窄症や脊髄損傷などによる痛みは、痛みの信号が脊髄を通り脳に伝わって初めて“痛い”と認識される。

 その場合、薬物療法や手術などが行なわれるが、治療しても痛みが残る難治性の慢性疼痛になると生活に支障が出て就労困難に陥ることも。

 こうした難治性慢性疼痛に対する治療法として広がりを見せているのが、脊髄刺激療法(SCS)だ。この治療は欧米で40年以上前から実施、全世界で約35万人以上に施術されているが、日本では9000人程度でしかない。

 岩井医療財団稲波脊椎・関節病院(東京都品川区)整形外科の金子剛士医師に聞いた。

「難治性の慢性疼痛は病態が十分に解明されておらず、診断や治療が困難な症例も多く存在します。私は整形外科医として主に脊髄の治療を行なってきましたが、手術で構造を修正しても痛みの軽減に繋がらないこともありました。そのため神経に介入しなければ治療にならないと考え、SCS療法の臨床研究を始めたのです。そのSCSとは脊髄と脳の間でやり取りされる痛みの信号を別の信号に変え、痛みを軽減させる治療です。効果を確認できなければ止めることもできます」

 治療は脊髄の硬膜外にリード線を留置し、ペースメーカーのような形の神経刺激装置(ジェネレーター)を植え込み、外からコントローラーで通電刺激を行なう。通常は局所麻酔でリード線を入れ、電気刺激を実施するトライアル後に痛みの軽減が確認できた時点で、本体のジェネレーターを植え込む。

「日本ではSCSは1992年に保険収載されています。ただ当時のリード線には電極が1極しかなく、少しでもズレると痛みが軽減しないケースもあり、それが普及してこなかった大きな原因でした。近年では電極が8極のリード線が開発され、しかも2本植え込み、計16極で刺激可能になったのです。結果、70~80%で効果を実感できています」(金子医師)

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン