芸能

松田聖子がディナーショーで活動再開 沙也加さんとの思い出の曲で嗚咽を漏らす

ファンの声援に涙した聖子

ファンの声援に涙した聖子

 ディナーショーでは沙也加さんのことには触れないかもしれない──多くのファンがそう感じていたという。しかし松田聖子(60才)は冒頭から深々と頭を下げた。ファンに感謝の言葉と心配させたことへの謝罪をし、そして娘の思い出を語ると、抑えられない涙がこぼれて……。

「思えば、沙也加は小さい頃から歌を歌うのが大好きでした。おもちゃのマイクを持って私の『Rock’n Rouge』をいつも元気に歌っていました。それが……昨日のことのように思い出されます。私は……沙也加の歌声が大好きでした。いまも彼女の歌声は私の心の中に響いています」

 4月9日に都内のホテルで開催されたディナーショーで松田聖子は、声を震わせながら、かみしめるように言葉を紡いだ。愛娘の神田沙也加さん(享年35)が昨年末に急逝し、活動を休止していた聖子にとって、4か月ぶりとなる活動再開の場だ。

 昨年12月18日、聖子はこのホテルでディナーショーを開催していた。歌い終わると、ファンからの拍手を浴びた。その日もいつもと変わらない一日が終わるはずだった。終了後、沙也加さんの死をスタッフに知らされた聖子は人目もはばからず号泣し、翌日以降のショーをキャンセル。今回のショーはこのときの振り替え公演として行われたものだった。

 会場を訪れた複数のファンが、聖子の“再出発”を広く世間にアピールしたいという思いで、『女性セブン』の取材に答えた。シルバーの華やかなドレスに身を包んだ聖子は、MCで涙ながらに沙也加さんの思い出話を披露したという。

「沙也加さんは聖子さんよりもずっとしっかりしていて、一緒にステージに上がるときは、いつも緊張してしまう聖子さんを沙也加さんが励ましていたそうです。これからも沙也加さんに励ましてもらって、頑張っていかなくちゃと自分自身に言い聞かせるように話していたのが印象的でした」(ディナーショーに参加したファン)

 悲しみをこらえながらも必死に言葉を紡ぎだそうとする聖子の気持ちは、ファンにも伝わった。聖子が言葉に詰まり、会場に静寂が訪れた。声を上げてはいけない──わかっていても、気持ちが抑えきれなかったのだろう。あるファンがためらいながらも、マスク越しに「頑張れ!」と口にした。すると、声援をためらっていたファンたちが、我慢しきれず、口々にこう声を上げ始めた。

「無理しなくていいよ!」
「いいよ、言わなくて!」

 温かい声援に、聖子の目には涙が浮かんだ。ファンもつられて涙した。会場にはすすり泣く声が響き渡った。

「例年のディナーショーでは、MCの間に『沙也加ちゃんは~?』などと、沙也加さんの近況を問うような質問がファンから入って、それに聖子さんが答えたりしていたんです。でも、今回は明らかに空気が違い、聖子さんを気遣うような声が上がっていました」(前出・ファン)

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン