芸能

放送作家・鈴木おさむ「『ピンチはチャンス』は無責任な言葉」

鈴木おさむ氏

鈴木おさむさんに「SNS時代」はどう映っているのか

 2002年、森三中の大島美幸さん(42才)と交際0日で結婚した放送作家の鈴木おさむさん(49才)。二人は二度の流産を経験、妊活を経て子供を授かった。息子の笑福(えふ)くんは今年で7才になる。自らの生き様を発信し続けてきた鈴木さんの目に、SNS時代はどう映っているのか。

 * * *
 妻は、2010年に二度目の流産を経験しました。そのときに「しばらくはお笑いの仕事に全力で打ち込む。やり尽くしたと思えたときがきたら、そのタイミングで妊活を始める」という方針を決めたんです。結果的に、2013年の『24時間テレビ』(日本テレビ系)のチャリティーマラソンと、映画『福福荘の福ちゃん』のお仕事を終えて、翌年、妊活休養に入ることにしました。

 僕も妻も、つらいこと、悲しいこともひっくるめて「自分の人生を全て笑ってもらおう、笑い飛ばそう」というスタンスで生きています。それもあって、「妊活に専念するため休養に入る」ということを、公式に発表したんです。流産のことも明かしました。そうしたら、賛否両論ものすごい数の反響がありまして。

「賛」は、もちろん“応援しています”“ゆっくり休んでください”という肯定的な意見でした。「否」のほうが、もう、すごくて。“何考えてるんだ”から、“子供ができなかったらどうするんだ”まで……でも、そんなことまで平気で書き込んでくる人がいたんですよ。

 SNSがこれだけ身近になったいま、生き様を表に出すことの困難さを感じています。否定的な書き込みを見たら、自分の生き方を否定されているように思ってしまう人も多いんじゃないかな。僕の場合、昔からやり続けていますし、メディア側の人間として“エンタメ”を提供しているという意識もあるから、なんとかやっていますけれど。

 そんな状況のなかにあって、『笑ってコラえて!』(日本テレビ系)で注目を集めた『ママがもうこの世界にいなくても』の著者・遠藤和(のどか)さん(享年24)は稀有な存在だと思いました。彼女は青森県出身、1997年生まれの一般の方です。2020年、ステージIVの大腸がんを抱えながら、娘さんを出産しました。

 和さんはインスタグラムを中心に、SNSの反応と向き合いながら生きていました。著書には、傷ついた過程も隠すことなく書いてあります。こんなに生々しい記録にはなかなか出会えない。僕は、彼女がこれほどまでに正直な言葉を残したことに感動しました。

 この記述が忘れられません。

〈インスタを見ていたら、「生きてるだけで丸儲けですね」とか「ただ生きてるだけでいいので頑張ってください」とか、そういうコメントに、すごく腹が立った。生きてるだけでいいわけないじゃん。何も食べられなくて、のどが渇いても水すら飲めなくて。身体中が痛くて苦しくて、息をするのもつらくて。ベットの上で起きてるんだか寝てるんだかわからないような状態でいて。それで丸儲けだって本気で思ってる?〉

 このコメントを書いた人は、和さんを傷つけるつもりはなかったと思うんです。でも、彼女は深く傷ついた。

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン