スポーツ

厳格だったV9時代の川上監督 ホームランを打ってもサインと違えば罰金

9年連続日本一を成し遂げた川上監督(中央、写真/共同通信社)

9年連続日本一を成し遂げた川上監督(中央、写真/共同通信社)

 今年もプロ野球が開幕。ヤクルトとオリックスはリーグ連覇を狙うシーズンとなるが、プロ野球史上に残る金字塔が巨人の9連覇、世にいう「V9」だ。そんな常勝軍団を率いた名将・川上哲治のとにかく厳しい姿勢は、チーム内外に知られていた。(文中敬称略)【全4回の第2回。第1回から読む

 * * *
 当時の選手に川上について尋ねると揃ってまずは“厳しさ”に言及する。V9時代、小柄ながらも闘志あふれるプレーで「豆タンク」と呼ばれたのが、広岡達朗のあと遊撃手のレギュラーの座をつかんだ黒江透修である。黒江は川上・巨人について「罰金が多くて参った」と振り返る。

「バント失敗、エンドラン失敗は3000円の罰金。ノーアウトや1アウトで三塁にいるランナーが返せないと5000円の罰金でした。サイン見落としは1万円。当時の1万円は大きいですよ。

 罰金は毎月の振り込みから引かれていましたね。得点に絡む活躍には賞金もあったが、賞金は給料にプラスされるので所得税が引かれる。罰金はきっちりマイナス1万円だけど、1万円の賞金は税引きされて9000円なんです(苦笑)」

 ショートの黒江やセカンドの土井(正三)は守備のサインが多く、罰金の対象となることが多かったという。ホームランを打っても、サインと違っていたら罰金だった。当時、似たような仕組みは他球団にもあったものの「他のチームにあった情状酌量が、巨人はなかった」(黒江)という。

「結果オーライでいいなら、監督の采配は必要なくなる。それが川上監督の方針だった。巨人の強さの秘密ですね。門限も厳しかったですよ。遠征に行って変な負け方をすると、“今日は外出禁止”とかね」(黒江)

 投手も対象となるケースが数多くあった。川上・巨人の2年目からチームを支えてきた“エースのジョー”こと城之内邦雄はこう証言する。

「川上監督はすぐに罰金を取っていたから、みんな全力でやる。気が抜けないんだね。ピッチャーの場合、2ストライク・ノーボールから打たれると罰金だった。それで罰金を取られて頭に来て、(ツーナッシングから)わざとバックネットに向けて投げたことがある(苦笑)」

関連キーワード

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン