国内

看護学校でパワハラ横行、退学者続出 背景に医療現場の体育会系気質と教員不足

現役看護師が医者の秘密を明かす

看護学校を取り巻く環境には改善の余地がある(写真はイメージ)

 人材大手・パーソルの試算によると、2030年には、「医療・福祉」分野で約187万人の人手不足が発生するという。その未来を回避するためにも、いまからの人材育成は急務だ。ところが当の教育現場には、夢を持って看護の道に進もうとした人の心をへし折るパワーハラスメントが広がっていた。

 超高齢化が進む日本では、医療従事者の人手不足は、今後、より一層深刻になると考えられている。加えて、この2年間のコロナ禍は、日本の医療体制の脆弱さに光を当てることになった。

 コロナで医療崩壊が叫ばれるようになってからは、現場の人手不足を解消するため、資格を持ちながらも現職の看護師として働いていない「潜在看護師」を、現場に呼び戻そうとする動きもある。それでも、労働環境の厳しさから離職率が高いのが現状だ。医師や看護師、准看護師や介護士といった医療従事者の育成・確保は急務だ。しかし、その育成現場には悲惨な状況が広がっている──。

《1年生38人のうち15人自主退学、パワハラ原因か》

 朝日新聞が3月4日、千葉県にある「木更津看護学院」での生徒の大量退学を報じた。そこは准看護師を育てる2年制の学校だ。記事によると、教員が「ばかに教えることはない」と生徒の提出資料を床に投げつけたり、「髪形が似合っていない」「体重は何kgか」と容姿をからかう発言があったという。また、教員に質問した際に「面倒くさい」と回答を拒否されたとも報じられた。

 それから3週間後の3月29日、今度は北海道で、道内の看護系学校で起きていたパワハラ問題について、教員10人が懲戒処分を受けた。「江差高等看護学院」と「紋別高等看護学院」で認定されたパワハラは、50件以上にのぼる。

「ペンでぶっ刺すぞ」
「暴行をしたくなる」
「お前みたいなバカは死ね」

 教育機関とは思えない暴言が、日常的に飛び交っていたという。パワハラに耐え切れず自殺未遂した生徒や、退学によって医療の道を絶たれた生徒もいる。

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
どんなに慎重を期しても、引き上げ作業には落下のリスクがあるという(時事通信フォト)
知床遊覧船、引き揚げ作業中に落下 税金からの追加出費は「発生せず」と海上保安庁
週刊ポスト
美しさと強さを兼ね揃えたソダシ(騎乗は吉田隼。時事通信フォト)
ニューヨークタイムズで特集された純白の競走馬・ソダシ 「強い白毛馬」育てたオーナーの執念
NEWSポストセブン
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
代役も2・3番手もOK!ロンブー淳、MC以外で求められる信頼感
NEWSポストセブン
「やんばる」では過激な抗争が繰り広げられていた(1992年の暴対法施行時に聴聞を受けた旭琉会幹部。写真/共同通信社)
本土復帰50年『ちむどんどん』では描かれない沖縄ヤクザの裏面史【前編】
週刊ポスト
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン