国内

看護学校でパワハラ横行、退学者続出 背景に医療現場の体育会系気質と教員不足

現役看護師が医者の秘密を明かす

看護学校を取り巻く環境には改善の余地がある(写真はイメージ)

 人材大手・パーソルの試算によると、2030年には、「医療・福祉」分野で約187万人の人手不足が発生するという。その未来を回避するためにも、いまからの人材育成は急務だ。ところが当の教育現場には、夢を持って看護の道に進もうとした人の心をへし折るパワーハラスメントが広がっていた。

 超高齢化が進む日本では、医療従事者の人手不足は、今後、より一層深刻になると考えられている。加えて、この2年間のコロナ禍は、日本の医療体制の脆弱さに光を当てることになった。

 コロナで医療崩壊が叫ばれるようになってからは、現場の人手不足を解消するため、資格を持ちながらも現職の看護師として働いていない「潜在看護師」を、現場に呼び戻そうとする動きもある。それでも、労働環境の厳しさから離職率が高いのが現状だ。医師や看護師、准看護師や介護士といった医療従事者の育成・確保は急務だ。しかし、その育成現場には悲惨な状況が広がっている──。

《1年生38人のうち15人自主退学、パワハラ原因か》

 朝日新聞が3月4日、千葉県にある「木更津看護学院」での生徒の大量退学を報じた。そこは准看護師を育てる2年制の学校だ。記事によると、教員が「ばかに教えることはない」と生徒の提出資料を床に投げつけたり、「髪形が似合っていない」「体重は何kgか」と容姿をからかう発言があったという。また、教員に質問した際に「面倒くさい」と回答を拒否されたとも報じられた。

 それから3週間後の3月29日、今度は北海道で、道内の看護系学校で起きていたパワハラ問題について、教員10人が懲戒処分を受けた。「江差高等看護学院」と「紋別高等看護学院」で認定されたパワハラは、50件以上にのぼる。

「ペンでぶっ刺すぞ」
「暴行をしたくなる」
「お前みたいなバカは死ね」

 教育機関とは思えない暴言が、日常的に飛び交っていたという。パワハラに耐え切れず自殺未遂した生徒や、退学によって医療の道を絶たれた生徒もいる。

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン