国内

看護学校でパワハラ横行、退学者続出 背景に医療現場の体育会系気質と教員不足

 日本医師会の調査によると、准看護師課程入学者の最終学歴は、高校新卒が3割程度なのに対し、高校既卒が約5割を占める。一度別の仕事などに就き、セカンドキャリアとして入学する人も少なくない。Aにも、30代や40代の生徒が複数在籍しているという。

「さまざまな事情を抱えて入学する生徒もいます。手に職をつけようと入学した生徒に対しても、“年をとった新人がいちばん使いものにならない”と言い切るんです。

 ほかにも、学校内で携帯・スマホは使用禁止で、朝授業が始まる前に回収。生徒同士の連絡先交換やLINEは禁止で、女生徒はスカート禁止といった、常識では考えられないルールも課されています。しかも問題行動を起こしていないかを確認するためなのか、教室には監視カメラが設置されています」(前出・別の学校関係者)

 なぜ、「白衣の学生」が続々とやめざるをえないようなハラスメントが横行するのか。『ルポ 保育崩壊』などの著書を持つジャーナリストの小林美希氏が解説する。

「1つは、医療現場の体育会系な気質があります。間違いやミスが許されない現場である分、指導が厳しくなりがちです。それ自体は間違ったことではないのですが、パワハラの領域に踏み込んでいても、患者の命を守るために厳しくしているんだと理由づけすることで、自己の中で正当化されやすいんです。看護学校の教員は自身が経験した現場の雰囲気を、まだ医療の道に入ったわけでもない生徒がいる教室に持ち込んでしまう。

 加えて、医療従事者のニーズが増えたことで、近年大学などの養成校が増加しました。しかし教員が足りていないんです。そのため、能力の低い教員が教育現場に送り込まれることになり、授業の質が低下したり、ハラスメントが起きてしまいます」

 実態を問うべくAに質問状を送ったが、「回答できない」と言うのみだった。看護師や准看護師といった医療従事者は、社会において必要不可欠な「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる。その教育現場でハラスメントが横行していることは、長い目で見たときに、日本そのものが崩壊することにつながりかねない。

※女性セブン2022年4月28日号

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト